【レビュー】

Radeon X1950 XTの性能を詳細に検証する

1 X1000ファミリーの集大成、X1950登場

  • <<
  • <

1/17

8月23日、ATIは従来の製品ラインナップを更新。Radeonファミリーのハイエンド製品としてX1950 XTを、メインストリーム向けにX1650 Proを、そしてバリュー向けにX1300 XTをそれぞれ発表した。そのハイエンド向けであるX1950 XTの評価キットをやっと入手できたので、性能を試してみたいと思う。

GDDR4搭載、コアクロックアップ、価格ダウン

既にニュースにもある通り、ATIはX1950 XTX / X1650 Pro / X1300 XTという3つの製品を8月23日に発表した。このうちX1950 XTXについては、実際に製品が店頭に並ぶのはまもなく(この原稿は9月上旬に書いている)といったところで、予価は6万円前後といったあたりになると見られている。

さてそのX1950シリーズだが、今回発表されたのはシングルグラフィックのX1950 XTXと、CrossFireのコントローラを搭載したX1950 CrossFire(X1950CF)の2製品である。

X1950シリーズは、基本的には従来のX1900シリーズと違いがない。X1900シリーズの詳細は既にレビューがあるし、内部構造は(X1300 / 1600 / 1800の時期の話ではあるが)西川善司氏の解説があるのでこちらを参考にしていただくのが良いだろう。では何が変わったかというと、コアとメモリの動作クロックだけである。

表1にX1900シリーズの全ラインナップをまとめたが、もっともローエンドのX1900 GTを除くと全て48 PixelShader / 8 VertexShaderで、メモリバス幅も256bitのまま。X1950シリーズはコアの名称こそR580+になったが、依然として90nmプロセスを使い、総トランジスタ数は3億8400万個だから違いらしい違いは無いことになる。

表1
カード X1900 GT X1900 XT X1900 CF X1900 XTX X1900 XT 256MB X1950 CF X1950 XTX
グラフィックコア型番 R580 R580+
プロセス 90nm
製造トランジスタ数 3億8400万
コア速度 575 625 650 625 650
メモリ速度 1.2GHz 1.5GHz 1.55GHz 2GHz
Memory Size 256 MB 512 MB 256 MB 512 MB
メモリバス幅 256bit
Pixel Shaders 36 48
Vertex Shaders 8
メモリ帯域 38.4GB/s 46.4GB/s 49.6GB/s 46.4GB/s 64GB/s
出荷想定価格 $299 $549 $599 $649 $279 $449

もっとも細かい話をすると、ヒートシンクの構造は大きく変わり、X1900に比べて騒音を下げつつ動作温度を下げることに成功したとしている(Photo01)。実際この騒音の違いは明確に判る。特にCrossFire構成にしているときに顕著なのだが、X1900ベースだと電源を入れてからしばらく(ビデオカードのドライバがロードされ、ファン回転制御が始まるまで)は全力回転するファンの轟音が響き渡る。対してX1950は(よく聞くとちゃんと騒音はあるのだが)、一瞬「あれ? ファンが動いてないかな?」と誤解するほどだ。静音PCに使えるほどには静かではないにせよ、かなり騒音の問題は解決した、といえる。

Photo01:製造プロセスそのものに大きな違いはなさそうだ。とはいえ、GDDR4の対応があるだろうし、おそらく多少はプロセス見直しによる省電力化も行われたと思われる。

ところでX1900の時、CrossFire EditionとXTXでは構成が異なったのだが、今回はXTXとCrossFire Editionが同一の構成になっているのはちょっと面白い(Photo02)。

Photo02:以前はX1900 CFとX1900 XTXで微妙にコア/メモリクロックが異なっていたが、これが一本化された。ちなみにメモリ表記はベースクロックであって、データ転送は倍の2GHzで行われる。

  • <<
  • <

1/17

インデックス

目次
(1) X1000ファミリーの集大成、X1950登場
(2) スペックはアップ、価格はダウン
(3) 検証機材の紹介
(4) 今回のテスト環境
(5) PCMark05 v1.1.0
(6) 3DMark05 Patch120
(7) AquaMark3
(8) 3DMark06 Build 1.0.2 - その1
(9) 3DMark06 Build 1.0.2 - その2
(10) Game Benchmarks - その1
(11) Game Benchmarks - その2
(12) Game Benchmarks - その3
(13) OpenGL Benchmark
(14) 消費電力比較 - その1
(15) 消費電力比較 - その2
(16) 消費電力比較 - その3
(17) 考察 - 堅実さを求めるか新製品を求めるか

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事