【レポート】

A&Vフェスタ2006 - 必ず耳の形に合うイヤーモニター

 

ANNEXホールに出展しているセンサフォニクスジャパンのブースでは、カスタムタイプのイヤーモニターが展示されている。

同社のイヤーモニターは、1人1人のユーザーの耳の型を採り、そこからシリコン製のチップを作成するというカスタムメイド。このような構造から、密閉度が高く、外部の音がひどい状態でもその影響を排除できることから、アーチストがステージ上で使用するモニターなどとして使われてきた。

イヤーモニターには、カラーモデルとクリアモデルとが用意されている

高音用/低音用の2つのドライバーを搭載した「Prophonic 2XS」

シングルドライバーを搭載した「Prophonic 321」

もちろん、一般ユーザーがリスニング用に使用しても問題ないという。ステージ上で使用するものは、目立たないクリアタイプのモデルがほとんどだが、一般向けではカラーモデルも用意されている。

また、同社のイヤーモニターには、フルレンジタイプのドライバーを使用した「Prophonic 321」と、高音用/低音用の2つのドライバーを搭載した「Prophonic 2XS」がラインナップされている。どちらのモデルも試聴可能だ。

なお、イヤーモニターのユーザーになるためには、耳の型を採る必要があるのだが、これは同社のオフィス(赤坂)か、提携している補聴器ショップ「理研産業補聴器センター」(銀座)で行うことになる。耳の型を採ってから、実際に製品ができ上がるまでの期間はおよそ3週間程度とのこと。

また、同ブースでは、イヤーモニターを特別価格で販売しており、その場で耳の型を採って購入ということも可能となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤ヶ谷太輔、バスケ選手の役づくりで「髪をバッサリ切って黒くしました」
[13:13 8/31] エンタメ
シマンテック、常時SSL化に向けホスティング事業者向け新サービス提供
[13:06 8/31] 企業IT
10周年記念「ゼーガペイン アルティール」は積層化QLフルチャージ状態再現
[13:00 8/31] ホビー
エアバス、LATAMにA320neo引き渡し - アメリカ大陸で最初の運航会社に
[12:59 8/31] 趣味
マウス、「オータムセール」にクリエイター向けPC「DAIV」を追加
[12:57 8/31] パソコン