【レポート】

A&Vフェスタ2006 - 必ず耳の形に合うイヤーモニター

村田修  [2006/09/22]

ANNEXホールに出展しているセンサフォニクスジャパンのブースでは、カスタムタイプのイヤーモニターが展示されている。

同社のイヤーモニターは、1人1人のユーザーの耳の型を採り、そこからシリコン製のチップを作成するというカスタムメイド。このような構造から、密閉度が高く、外部の音がひどい状態でもその影響を排除できることから、アーチストがステージ上で使用するモニターなどとして使われてきた。

イヤーモニターには、カラーモデルとクリアモデルとが用意されている

高音用/低音用の2つのドライバーを搭載した「Prophonic 2XS」

シングルドライバーを搭載した「Prophonic 321」

もちろん、一般ユーザーがリスニング用に使用しても問題ないという。ステージ上で使用するものは、目立たないクリアタイプのモデルがほとんどだが、一般向けではカラーモデルも用意されている。

また、同社のイヤーモニターには、フルレンジタイプのドライバーを使用した「Prophonic 321」と、高音用/低音用の2つのドライバーを搭載した「Prophonic 2XS」がラインナップされている。どちらのモデルも試聴可能だ。

なお、イヤーモニターのユーザーになるためには、耳の型を採る必要があるのだが、これは同社のオフィス(赤坂)か、提携している補聴器ショップ「理研産業補聴器センター」(銀座)で行うことになる。耳の型を採ってから、実際に製品ができ上がるまでの期間はおよそ3週間程度とのこと。

また、同ブースでは、イヤーモニターを特別価格で販売しており、その場で耳の型を採って購入ということも可能となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2016年上半期ネットショッピング利用サイト、2位「楽天」- 1位は?
[18:32 6/28] マネー
永野芽都、ドラマ『こえ恋』櫻井孝宏に「ジタバタしたくなるくらい興奮」
[18:30 6/28] エンタメ
『ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女』MGインパルスガンダムブランシュは2種の白で表現
[18:30 6/28] ホビー
キンコン西野、芸人引退宣言「絵本作家になります」- 漫才は継続予定
[18:27 6/28] エンタメ
エレコム、テレビ向けを掲げる最大867Mbpsの11ac対応無線LANルータ
[18:26 6/28] パソコン