【レビュー】

Geeksなら注目のサイトruby-lang.orgに採用されたCMSの実力は?

1 ruby-lang.orgリニューアル

  • <<
  • <

1/4

9月12日、Ruby言語のサイトがリニューアルされた。Rubyサイトのデザインリニューアルについては1年以上もまえに提案があり、リニューアルを推進するチームとして「The Ruby Visual Identity Team」が結成されている。20を越えるリニューアルデザインのモックアップが作成され、今回最終的に図.1、図.2のデザインが採用された。

図.1 リニューアルされたRubyサイト トップページ

図.2 リニューアルされたRubyサイト トップページ(邦訳版)

Ruby on Rails(以降、RoR)の主要開発者であるDavid Heinemeier Hansson氏は12日(米国時間)、自身のブログにおいてRubyの新サイトに賛辞を送っている。ここで、新しいサイトのフッタに注目してほしい。「This website is made with Ruby and powered by Radiant CMS. (本WebサイトはRubyによって構築されRadiant CMSによって運用されています)」である。新しいRubyのサイトは、RoRをベースにして開発されたRadiant CMSによって構築されている。ここではこの「Radiant CMS」を紹介したい。

図.3 This website is made with Ruby and powered by Radiant CMS.

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) ruby-lang.orgリニューアル
(2) Radiantとは
(3) Hello Radiant!
(4) Radiantの今後


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事