【レポート】

Apple Expo Paris -「本命」はともかく、イメージング&iPod関連製品の展示が盛況でした

1 イメージング分野の展示が盛況

Junya Suzuki  [2006/09/13]
  • <<
  • <

1/2

毎年フランスのパリで開催されている「Apple Expo」が、今年も9月12日(現地時間)より市内のコンベンションセンターでスタートした。今回はフォトレポート形式で、会場の様子をざっくり紹介していこう。

Apple Expo会場となったパリ市南端にあるコンベンションセンター「Porte de Versailles」。同時開催のイベントが複数あり、会場には多くの人が溢れていた

会場内の様子。特にAppleブースの展示やデモには多くの人が集まっており、欧州のMacユーザーが1年ぶりとなるイベントを楽しんでいる

プロフェッショナルやアマチュアを問わず、プリンタやデジタルカメラ、HDビデオカメラ、映像編集ソフトなど、映像処理に関わる周辺機器やソフトの展示が大量に見られたのが今回のApple Expoの特徴。プリンタはレーザー複合機やカラーレーザーを中心に、小型フォトプリンタ、ポスター印刷も可能な巨大プリンタなど、通常のPC向けエキスポではあまり見られないタイプの製品も多数展示されていたのが印象的だ。特にAppleブースの隣に巨大ブースを構えたHPとエプソンの2社は、これらイメージング関連機器の展示にそのスペースの多くを割いていた。

一方でソニーのブースに見られるように、一眼レフデジタルカメラ「α(アルファ)」シリーズやHDハンディカムなど、映像を取り込む側の機器の展示に力を入れているメーカーも多かった。ソニーブースでは、通常のSD画質とHD画質で撮影した映像を来場者に比較させたり、実際にHDハンディカムで水面や複雑な対象物を撮影させたりと、HD対応のメリットを一般来場者に見せるのが1つの大きなテーマだった。そのほか、実際にスタジオを作ってモデルのメイクからApertureによる撮影会を開催したりと、プロフェッショナル用途での展開も強く意識しているようだ。

HPブースのフォトプリンタ展示スペース。PCなしでも手軽に写真印刷できるフォトプリンタは、最近になり欧米市場でも対応モデルが増えつつある

エプソンブースもHPに負けじと、プリンタを中心としたイメージング機器の展示に力を入れていた。写真はポスターのような巨大用紙への印刷も可能なインクジェットプリンタ。プロフェッショナル向けを意識した展示ならではだ

ソニーブースの中で展示されていた、SD画質とHD画質でそれぞれ撮影した映像の画質比較。このほかにもHDハンディカム関連の展示が多数あり、Blu-ray等のHD世代の映像編集と記録を意識した様子が見受けられる

実際のスタジオとモデルメイクを行ったApertureによる撮影会

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) イメージング分野の展示が盛況
(2) iPodコンパニオンも続々登場

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー
AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ