【レビュー】

コンパクトデジタルカメラ秋冬モデルピックアップ - リコー編

1 Caplio R5

 
  • <<
  • <

1/3

リコーからはCaplioシリーズの最新モデル「Caplio R5」と、新モデルではないがファームウェアのバージョンアップによる修正や機能追加によって発売後も進化を続けているGR DIGITALを取り上げる。

カラーは、シルバー、ブラック、レッド

Caplio R5は、Caplioシリーズの最新モデル。700万画素CCDを搭載し、光学7.1倍という高倍率ズームレンズを搭載する。コンパクトなボディでありながら高倍率ズームレンズを搭載しているので応用範囲の広いデジタルカメラだ。これに加えてCCDシフト方式による手ブレ補正機能を搭載しているため、いつでもどこでも撮れるカメラとして使いやすく仕上がっている。

やや気になるのは内蔵フラッシュの位置。最近は他社製品でも多いのだが、本体向かって右側上部に設けられているため、カメラを握った際に指とフラッシュが干渉しやすい。R5ではこれを避けるためフラッシュ部が少し出っ張るように設計されているようだが、無意識に握るとフラッシュを覆ってしまうことがあるので注意が必要だ。メーカーを問わずコンパクトデジタルカメラでは、ボディを両手で「つまむ」ように持つといいのかもしれない。

ボディ形状はグリップ部分が微妙に湾曲した独特の形状をしている。シルバーの部分のデザインがこれをさらに強調しており、ぱっと見はかなり曲がっているようにも見えるのだが実際にはそれほど激しく曲がっているわけではない。

ボディは少し湾曲したデザインを採用している。フラッシュ部分が若干飛び出しているが指がかからないように

操作部分は右手での操作するように集中されている

メディア(SD)の収容はバッテリーコンパートメントと共用。ボディの独特なデザインからフタ部分の形状も独特になっている

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) Caplio R5
(2) 画質は渋めの仕上がり
(3) GR DIGITAL

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

川島海荷、『ZIP!』新MC就任で滑舌強化トレーニング「結構、激しかった!」
[21:00 10/1] エンタメ
西内まりや、初主演作『CUTIE HONEY』の舞台あいさつで胸の谷間をチラ見せ
[21:00 10/1] エンタメ
[高専ロボコン2016]関東甲信越大会をライブ配信 YouTubeなど初の外部プラットフォームも NHK
[20:48 10/1] エンタメ
「5時から9時まで」の相原実貴、“耽美×ラーメン”紡ぐ小説の装画を描き下ろし
[20:23 10/1] ホビー
映画キューティーハニーが封切り、永井豪がいやらしくハニーを見るため奮闘
[19:46 10/1] ホビー