【レポート】

LeopardにみるAppleのメッセージ - 64-bit/Objective-C 2.0、Dashcodeまで

1 WWDCを振り返ると……

  • <<
  • <

1/7

8月7日から5日間に渡るApple ComputerによるWWDC(World Wide Developer Conference: 世界開発者会議)では、Leopardのプレビューが行われた。基調講演では、Time MachineやSpacesといった、派手なインタフェースを持った機能が目を引いたが、全体的に物足りなさを感じた方も多かったのではないだろうか?

元々WWDCは、開発者が参加するタイプのイベントだ。その大きな目的は、Appleから開発者に、これからのMacに関するメッセージを伝える事にある。このレポートでは、基調講演および現時点で公開されている情報をもとに、Leopardプレビューに込められた、Appleから開発者へのメッセージを読み取ってみたい。

WWDCにおけるメッセージは、大きく2種類のものに分ける事ができると思う。1つは、次世代のMacプラットフォームを示すものだ。これには、CPUやGPU、I/Oインタフェースといったハードウェア、OSカーネルのような基幹アーキテクチャ、フレームワークで利用するプログラミング言語などが含まれる。去年のWWDCでは、Intel CPUへの変更という、強いメッセージがあったことは、記憶に新しい。この種のメッセージは、将来のMacプラットフォームのパフォーマンスを決定するものであり、またサードパーティの開発に大きな方針変更を迫る事もあるので、大きなインパクトがある。

もう1つのメッセージは、未来を描くものだ。Mac OS Xが、どのようなユーザエクスペリンスを提供するのか、それを実現するためにどのような新機能が使えるのか。Tigerでは、Spotlight、Dashboard、Automatorといった機能が登場した。Leopardが描く、未来のユーザエクスペリンエンスは、どのようなものになるだろう。

  • <<
  • <

1/7

インデックス

目次
(1) WWDCを振り返ると……
(2) 64-bitへの移行が始まる
(3) Objective-Cへのコミットを確約するObjective-C 2.0
(4) XrayとDTrace
(5) Core Animationによる、アニメーションユーザインタフェース
(6) ウィジェット開発環境Dashcode
(7) プラットフォームは安定を見せ、表現力は高まる

もっと見る



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事