【レポート】

Black Hat USA 2006 - 早すぎるVoIPの成長、スパムやフィッシングの脅威に直面

1 具体的脅威が現れていない段階で、急速に普及するVoIP

 
  • <<
  • <

1/2

通信コスト削減やデジタル通信の特徴を活かした豊富な機能などのメリットを備えるVoIP(Voice over IP)。個人、そして企業の間で急速に広がっているが、Black Hat BriefingsにおいてVoIPがサイバー犯罪に利用される可能性が示された。講演者は、3Com傘下のTippingPointの研究者であるDavid Endler氏とSecureLogixのCTOであるMark Collier氏だ。

Endler氏は「(VoIPは)具体的な脅威すら現れていない非常に早い段階であるにも関わらず、幅広い採用が急速に進んでいる」と指摘する。ネット利用に伴う脅威が検証されない状態で幅広い普及が進んだパソコンと同様に、深刻なセキュリティ問題に直面する可能性があるという。

米国では今年の6月にマイアミで、Edwin Andres Penaというベネズエラ系の男(23歳)がコンピュータ詐欺および盗聴の疑いで逮捕された。同容疑者はVoIPサービス会社のネットワークに侵入して、通話をルーティングするコードを取得。そのシステムを使った通話接続を小規模のインターネットフォン企業に格安で卸していたのだ。

米司法省の発表によると、被害に遭ったニュージャージー州のVoIP企業は、3週間で約50万件の不審な通話を受け、他のキャリアへの接続費用として30万ドルを支払ったという。Penaは2004年の11月頃から不正な通話接続を開始し、その収入でマイアミに豪邸を購入、BMWやキャディラックといった高級車やプレジャーボートなどを所有していたという。

Penaの逮捕は、VoIPシステムのセキュリティの不備、そして犯罪に利用される可能性を示す。Endler氏とCollier氏は、検索エンジンを使った情報収集、ポートスキャンニング、エニュマレーションの手法を具体的に紹介し、開発したツールのデモを通じてSIPやH.323などのVoIPプロトコルを使ったサービスの妨害、盗聴、通話操作などの可能性を示した。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 具体的脅威が現れていない段階で、急速に普及するVoIP
(2) VoIPを利用したスパム、そしてフィッシングの可能性


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー

求人情報