【レビュー】

Webとデスクトップの垣根を崩す?-オープンソースRSSクライアントBlogBridge

後藤大地  [2006/08/02]

「情報ジャンキー」にとってRSSフィードやブログ巡回ツールは欠かせない。支援ツールはWebアプリケーションからデスクトップアプリケーションまでいくつもあるが、ここではBlogBridgeを紹介したい。BlogBridgeは7月28日(米国時間)に最新版がリリースされたばかり。とりかかってみるにはいい時期だ。

情報ジャンキーが求める3つの機能

日夜ウェブサイトを巡回し、最新の情報を取得せずにはいられない情報ジャンキーにとって、RSSフィードは大量の情報を取得するためのツールとして欠かせない存在だ。RSSフィードなしに大量の情報を取得しようと思ったら、今やゾッとしてしまう。RSSフィードが提供されていないサイトを見るとつい舌打ちをしてしまう(もちろん、サイトの性格にもよるが)。

もうひとつ、情報ジャンキーが渇望する機能がタグによる分類機能。「ナウな情報ジャンキー」は丁寧にフォルダを分類して整理するといった作業をやりたがらない。扱う情報は増えるいっぽうだし、日々入手できる情報は増えるばかり。いちいち内容を吟味してフォルダに整理している暇はないのである。そこで情報ジャンキーが重宝している機能がタグによる分類だ。もはや彼らはタグで分類できないすべてのアプリケーションを不便だと感じはじめている。

そしてもちろん、ブログの情報が扱えなければ意味がない。貴重な情報は、ときに個人のブログから見つかる。気になるブログは1つたりとも見逃すことはできない。そしてブログも大抵はRSSフィードが提供されているから、やはり、RSSフィードが扱えなくては困る。

RSSとタグ、ブログ…… この3つ全部を頻繁に利用しているのなら、もう立派な情報ジャンキー。そんなあなたにBlogBridgeを紹介したい。

BlogBridge 3.0登場

Salas Associatesは7月28日(米国時間)、BlogBridgeの最新版となるBlogBridge 3.0を公開した。BlogBridgeはJavaで開発されたブログおよびRSSフィード集約アプリケーション。GNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2のもとでオープンソースソフトウェアとして公開されており、スタンドアロンアプリケーションとして動作する。

BlogBridge 2.0がリリースされたのが2005年8月17日(米国時間)。約1年経てメジャーバージョンアップが実施されたことになる。3.0における主な特徴は次のとおり。

  • 新しい記事やフィードを取得した場合にプラットフォームに合わせてアラートを実施する機能を追加。WindowsやLinuxであればシステムトレーに、Mac OS Xであれば"Growl"通知機能を使ってアラートが実施される
  • BlogBridge Guidesによるサービスの提供
  • ロシア語ロケールの追加(開発者がロシア語を扱うため。ほかのロケールへの翻訳を寄贈する意志がある場合は連絡してほしいとしている)
  • 記事を捕捉しておくための「ピン」機能の追加
  • 登録したフィードを共有同期するために「Sync」機能の追加

図2.1 BlogBridge Guides

3.0ではWebサービスとの連携機能導入や各種改善という点に重点がおかれている。2.0の段階でタグ機能やフィードを分類するSmartFeed機能が追加されており、機能面での飛躍は2.0のときにおおむねなされているという印象が強い。3.0ではより完成度を高めた感じだ。

Hello BlogBridge!

BlogBridgeのサイトから最新版を取得してインストールしよう。ここではBlogBridge 3.0を使っている。まず、フォントの設定をしてほしい。フォントの設定をしないとフィードの日本語が文字化けすることがある。何もフィードを登録していない状態のBlogBridgeは図3.1のようになっている。OPMLのインポートをサポートしているので、普段使っているRSSリーダからもすぐに移行できる。OPMLでインポートした後の動作例を図3.2に示す。

図3.1 フィードを何も登録していない状態のBlogBridge

図3.2 OPMLをインポートしたあとのBlogBridge

記事が未読であれば、未読の記事の数が表示され、アイコンが赤色だが、すべて既読になるとこれが緑色になる。棒グラフのようになっているのは時間軸を表している。一番右が当日、その左が前日、その左はさらに前といった形だ。

図3.3 未読の記事がある場合、赤色で数が表示される

図3.4 すべて既読になるとこれが緑色になる

記事やヘッダなどにはタグをつけることができ、図3.5のようにタグや記事内容を対象として検索を実施することができる。消えてはこまる記事にはピンを立てておけば、削除されるに保持しつづけることができる。図3.6のように重要度に応じて明示的にランク付けすることも可能だ。

図3.5 タグや記事内容を対象として検索を実施

図3.6 重要度に応じて明示的にランク付け

BlogBridgeで一番特徴的な機能はSmartFeedだろう。登録してあるRSSフィードや検索サイトから、特定のフィルタを通して収集されたフィードをひとつのRSS配信のように扱わせることができる。つまり、RSSはひとつのガイドにいれてしまい、知りたい情報に応じてSmartFeedを作成し、そちらをチェックする、そういった使い方もできる。これが一番今っぽい使い方だ。分類は自分ではおこなわず、あくまでもプログラムに実施させるわけだ。

図3.7 SmartFeedの作成ダイアログ

図3.8 作成したSmartFeedによる配信一覧

BlogBridgeでは、無償のユーザ登録を実施することで登録したフィードを同期させることもできる。BlogBridge単体というよりも、Webサービスとからんだサービスが用意されているわけである。今後この傾向はさらに強くなるだろう。

Webアプリをとるか、デスクトップアプリケーションをとるか

Googleのサービスを筆頭にWebサービス、ソーシャルネットワーク、ソーシャルブックマークなど、アプリケーションのWebサービスへの移行は大きな流れだ。RSSリーダにしてもBloglinesやlivedoor Readerなど人気の高いサービスが多い。そしてBlogBridgeにしても、スタンドアロンアプリケーションという位置づけからWebサービスを併用する形への変わってきている。

一方であいかわらず、デスクトップアプリケーションである利点があることを忘れてはならない。Webサービスは、サービスを提供しているサイトに障害が発生すると使えなくなってしまう。またWebサービスの場合、例えば自分のRSSフィードやブログ一覧情報がどこかに"漏洩"することに抵抗のある向きもいるかもしれない。デスクトップアプリケーションならそういった心配は軽減されるだろう。

BlogBridgeはその点おもしろいアプリケーションだ。デスプトップアプリケーションという形をとりながら、徐々にWebアプリケーションと同じ機能を実現しつつある。Webアプリケーションは徐々にデスクトップアプリケーションの機能を実現しつつあり、デスクトップアプリケーションはWebアプリケーションの特性を備えつつある。両者の垣根は今後ますます曖昧になっていくのかもしれない。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

夢も一緒に膨らんだ - 宇宙ホテルの試験機「BEAM」、宇宙で膨張に成功
[21:34 5/30] テクノロジー
石田純一、"不倫は文化"書いた記者にまさかの感謝「素敵な人生になった」
[21:15 5/30] エンタメ
[アンジュルム田村芽実]武道館で笑顔で卒業「17年間で一番幸せ」 4年半の活動に終止符
[21:00 5/30] エンタメ
【特別企画】新入社員必見! 忙しい朝でも朝ごはんを習慣にするコツは?
[21:00 5/30] ヘルスケア
[亜希]「幸せですよ」 40代女性向けファッション誌「GLOW」に初登場
[20:59 5/30] エンタメ

特別企画 PR

求人情報