【レポート】

WIRELESS JAPAN 2006 - W-ZERO3 [es]向け周辺機器が出そろう

 

WindowsMobile端末として人気のウィルコム「W-ZERO3」シリーズの最新モデル「W-ZERO3 [es]」向けの周辺機器が相次いで登場している。

無線LANアダプター

W-ZERO3 [es]ではUSBホスト機能が使えるため、USB変換コネクタ[mini<->標準]を使うことで、市販のUSBタイプ無線LANアダプターもドライバーを用意すれば使用できるが、今回は、miniSDタイプの無線LANアダプターも展示されている。アイ・ビー・エス・ジャパン製の「IMSW-822」で、8月下旬に発売するという。

本体右側で引き出されているのがminiSDタイプの無線LANアダプター「IMSW-822」

IMSW-822はSDIO 1.0をサポートし、同梱のSDカードアダプターを併用することで、SDメモリーカードスロットにも装着可能で、対応する無線LAN方式はIEEE 802.11b。セキュリティー機能として64/128bitのWEP、WPA-TKIP、AESの暗号化技術の利用が可能。アクセスポイントを使った"インフラストラクチャモード"、および端末機器同士の接続となる"アドホックモード"にも対応している。対応OSはWindows Mobile 2003 / 2003 SE、Windows Mobile 5.0、Windows CE 4.X。動作電圧は3.0V~3.5Vで、消費電流は、受信モード時60mA、送信モード時116mA。

「IMSW-822」

ビデオ出力カード

アイ・ビー・エス・ジャパン製のビデオ出力カードは、miniSDタイプの「IMSV-841」。SDIOが有効なPPCやスマートホンに対応し、miniSDスロットを介してディスプレイやテレビ、プロジェクターなどに画面を出力するという(W-ZERO3は対応していない)。

「IMSV-841」

シーエフ・カンパニー製のアダプタは、USB接続の「PV6B1V」。ディスプレイだけでなく、キーボードなども併設でき拡張性が高い。

「PV6B1V」のデモンストレーション

モバイルプリンタ

ペンタックスから発売されるのは、スリムでコンパクトなA4サイズサーマルプリンタ。W-ZERO3 [es]とはUSBで接続する。

ワンセグチューナー

W-ZERO3 [es]でもっとも期待される周辺機器といえば、ワンセグチューナーだろう。これを開発するのはピクセラ。W-ZERO3 [es]専用のminiUSB接続型で、本体と一体感のあるデザインを採用した試作品を展示していた。

まだ試作品だが「W-ZERO3 [es]」用のワンセグチューナー

人気記事

一覧

新着記事

日本IBM、オールフラッシュ・ストレージ「IBM Storwize」の新製品発表
[15:12 8/25] 企業IT
ドコモショップが保険選びをサポート「ドコモでほけん相談」
[15:12 8/25] スマホとデジタル家電
たぶん そのぶん ふたりぶん 第47回 しからない宣言
[15:00 8/25] ライフスタイル
これぞ"日本版アベンジャーズ"! 宇宙刑事ギャバンとデカレンジャーが巨悪に挑む
[14:54 8/25] ホビー
河口湖を眺めながら「鹿しゃぶ」を楽しむプランが登場 - 星のや富士
[14:48 8/25] ヘルスケア