【レポート】

COMPUTEX TAIPEI 2006 - GIGABYTEブースに「i-RAM」後継製品が展示、近日中に国内発売の予定も

 

COMPURTEX TAIPEI 2006のGIGABYTEブースで、「i-RAM(GC-RAMDISK)」の後継とされる新製品の展示が行われていた。PCIスロットを利用して搭載・給電する拡張カード型製品だった従来製品から、新i-RAMは5インチベイを利用して搭載するボックス型製品となり、電源は4ピンコネクタとACコネクタで給電する方式に変更されている。

GIGABYTEブースにて、期待の「i-RAM」後継製品のデモンストレーションが

各種ベンチマークでパフォーマンスの高さをアピールしていた

i-RAMは、DDR SDRAM DIMMを利用してストレージドライブを構築するという、いわゆるRAMディスク製品。従来製品では、既存のHDDを大きく上回る高速なアクセス性能に加え、この手の製品としては導入も手軽で、発売後もしばらくは品薄が続くなど、多くのユーザーからの支持を得ている。

新しい「i-RAM」の気になる仕様は

新i-RAMの製品名は「GC-RAMDISK」で、従来製品と同じ名称での展示がされていた。実際の発売時にどうなるかはわからないが、どうやらこれが現時点での正式名称なんだとか。

気になる新i-RAMの仕様だが、同社担当者によれば、インタフェースはシリアルATA、4本の184pinメモリスロットを持ち、計4GBまでのDDR SDRAM DIMM(DDR 200~400 / unbuffered)を利用できる。スタンバイ電源が供給されていない環境下でもデータ保持が可能なバックアップバッテリーを備え……とここまでの仕様紹介で気付いた方もいると思うが、実はRAMディスクとしての仕様は従来製品からあまり変わっていないのだそうだ。

これが新「i-RAM」。5インチベイドライブのような形状となり、前面にはアクセスランプなどを備える

背面にはSATAインタフェースコネクタと電源コネクタが並ぶ

当初はSATA(3Gbps)やDDR2 SDRAMに対応するといった話もあったようだが、今回の製品ではそれらの対応は見送られたとのこと。なお、実際に製品のきょう体を開いた状態で中身を見せてもらったところ、新たな部品レイアウトを採用するベース基盤を搭載しているが、基板上の実装部品の構成は従来製品とほぼ同様。電源関連の部分が追加されている程度といった印象だ。

内部基盤の様子。メモリスロットは4本、メモリ容量は4GBまでサポートする

新i-RAMの主なメリットは、製品形状が5インチベイ搭載のボックス型となったことで、貴重なPCIスロットを消費することなく搭載が可能になったということだろうか。元々従来製品ではPCIスロットから給電しか行っていなかったわけだし、搭載方式では新i-RAMの方が合理的であろう。ちなみにケース外に設置する運用も可能になっている。

製品は日本でも発売する予定があり、価格はまだ未定だが発売時期は9月頃になる見込み。ボックス型ということで、メモリモジュール初期導入済のパッケージをラインナップする計画もあるという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

島津製作所、GC-MS/MSのハイエンドモデル「GCMS-TQ8050」を発売
[07:00 8/29] テクノロジー
食前の野菜ジュース摂取に「ベジタブルファースト」と同等の効果を確認
[07:00 8/29] ヘルスケア
銀行員は見た! 第64回 銀行員のワリカン精度
[07:00 8/29] マネー
これはかわいい!「うえのの森のパンやさん」にパンダパンやうさぎパン登場
[06:30 8/29] 趣味
安住アナ、髪を切った綾瀬はるかをべた褒め「私の歴史で一番かわいい」
[06:00 8/29] エンタメ