【インタビュー】

次期Mac OS X Leopard - Appleデベロッパリレーションズ担当副社長語る

 

Leopard--Apple ComputerはMac OS X以降、OS開発のプロジェクト名としてネコ科の動物名を採用している。近年は、それがそのまま商品名の一部としてマーケティングでも使われており、現在のOSは"Tiger" (Version 10.4)となる。そして、次期OSである10.5のために用意されたコードネームが"Leopard"であり、その名前が明らかになったのは、去年の開発者会議WWDC(Worldwide Developer Conference)の席上である。

今年のWWDCは、8月7日から11日までにわたって、カリフォルニア州のサンフランシスコで開催される。すでにWebサイト上で、Leopardのプレビューが行われることが告知されている。例年6月に開催されることが多い同会議だが、あえて8月にずらしていることから、Leopardの完全なプレビューが期待できるだろう。

このWWDCを前にして米Apple Computer、デベロッパリレーションズ担当副社長、ロン・オカモト氏に、Mac OS X開発の現状と、WWDCの展望を伺った。

まず、去年のWWDCを振り返ってみよう。Appleからの最も大きいメッセージは、言うまでもなく、Intelチップの採用であった。これにより、すべての開発者がIntelへの移行という大きな波に飲み込まれることになったが、現時点でのサードパーティの対応状況は進んでいるのであろうか。

「まず最初に言えることは、我々が去年Intelチップを採用すると発表した時点で、すでに主要な開発者が公に、ネイティブアプリケーションを作成することを発表したということだ。その後、最初のIntel Macが今年の一月、サンフランシスコでのMacWorldで発表されたが、以来、様々な開発者からネイティブアプリケーションの出荷が始まった。いまでは、その数は1,700に上る。

最初のIntel Macの登場から4か月以上経った訳だが、開発者の中で大変良い対応が見られた、と言えるだろう」。(ロン・オカモト氏: 以下同)

だがAdobeは、Mac市場での主要アプリケーションであるIllustratorとPhotoshopのIntel Macへの対応は、来春になるというアナウンスを出している。これは、Intel Macへの移行が難しいということを意味しているのだろうか?

「Adobeのスケジュールについては、彼らと直接話すのが最もいいだろう。ただ、Universal Binaryへの移行という事に関して言うと、過去数カ月の開発者の状況を見ていただけば、非常に速く、成功裡にできたことは明らかだろう。ただし、それはアプリケーションの種類と、開発のツールの環境によって変わるので、簡単に移行できる事もあれば、それよいも難しい場合もあるかもしれない」。

ケース・バイ・ケースということだ。特に、利用している開発ツールなどに強く影響されるのであろう。

さて、Intel Macが登場した事で、Windowsのユーザや開発者も、今までになくMacに注目していると思うが、これらの開発者を取り込むような動きはあるだろうか。

「IntelベースのMacが出る前からずっと、我々はWindowsの開発者にMacへの製品を出すように説得を積み重ねてきた。近年、我々は成長を続けて、Mac OS XやiPodなどいろいろなプロダクトを出している。これにより、多くの開発者が、Macに対してもっと関心を持ってもらえているものと思っている。Intelへの移行というのは、この大きな流れの中の一つの現象にしかすぎない訳で、多くの開発者がより深くMacプラットフォームを見つめるようになってきている。いままでWindowsの開発を続けていた方には、ユニークなチャンスが生まれている時期だと思う。それについて、お話ししよう。

まず、我々のOSはUNIXベースなので、UNIXやオープンソースの開発を手がけている方は、ストレートにMacの開発に参加できる。またWindows開発をされている方でも、仕事ではWindowsを使っているが、家庭ではiTunesやiPhotoを使うためにMacを使っているという状況がある。そして、そういう方々が、家庭だけではなく仕事にもMacを取り込もうとしている。さらに、我々の販売チャネルがある。Appleの直営店は日本でも展開されているが、このチャネルではAppleのハードウェアとソフトウェアだけではなく、サードパーティの製品も展開されている。多くの開発者にとって、我々のチャネルで彼らの製品を取り扱う事ができるという、きわめてユニークな状態になっている訳だ。

我々が知っているある開発者の方は、長年Windows開発のみを手がけてきたのだが、昨年初めて我々の直営店を訪れた。その状態を見て大変満足していただき、かつ彼らは彼らのプロダクトがMacの顧客にも歓迎されるものだと考えたので、Macへのポーティングを決定した。そして、彼らが驚いた事には、これはいい意味での驚きだが、数カ月のうちに容易にそのプロダクトを用意できてしまったのだ。

彼らは直営店という販売チャネルだけでなく、苦労もなくシームレスにMacへのポーティングが行える事も発見してしまった。これは、Windows開発者へのメリットを要約した話だと思う」。

続いて、次期OSであるLeopardの話に移ろう。Leopardの機能はほとんど公開されていないが、ただ1つだけ明らかになっているものがある。Boot Campだ。Intel MacでWindowsを起動させる事ができる、この技術。誰もが一度は夢想したと思うが、Apple純正という驚くべき形で現れた。

だが、Boot CampはAppleにとって両刃の剣になりかねない。Macを使いながらも、Mac OS Xを起動する時間が減ってしまうからだ。そもそもBoot Campを公開した目的は何なのであろうか。

「我々がIntelチップを採用した事で、多くのWindowsユーザからの注目を集める事になった。彼らは、Macを買ってみたいので、それを後押しするために、Windowsが起動できるようにならないか、と我々に聞いてきた訳だ。

AppleがWindowsを売る計画やサポートする計画が無いとしても、Boot Campは、Windowsにスイッチしたいと思っているWindowsユーザに強くアピールすることになるだろう」。

あくまでも、Windowsユーザに利便性を提供するものである、という考えのようだ。AppleがWindowsをサポートしたり、利用を推奨するという事は、認めていないということであろう。

では、Boot Campは開発者にとっては利点はあるのだろうか。開発者がBoot Campにアクセスしたり、Boot Campをコントロールする何らかのAPIが公開されたりするのだろうか。

「Boot Campを使うことで、ユーザは簡単にIntel MacにWindows XPをインストールして走らせることができる。これは、Intelの仮想化技術をベースにしてはいない。つまり、一度に1つのOSを走らせることしかできないということだ。BootCampは、シンプルで簡単で安全なソリューションを提供するものだ。

Boot CampはLeopardの機能の1つでしかなく、WWDCではもっと多くのLeopardの機能がプレビューされるだろう」。

Boot Campは、シンプルなデュアルブート機能ソリューションである、ということだ。このコメントから予想する限りでは、Boot Campを利用したアプリケーションの作成ができるかどうかは不明である。また、Virtual PCのように、Mac OS Xの起動中にWindowsを同時起動する、といった使い方も、望みが薄いように感じる。

最後に、WWDCの見所を聞いてみた。

「まず、次期OS"Leopard"のプレビューがある。そして大事なのは、デベロッパコミュニティをサポートするために、我々のエンジニアがすべて参加しているということだ。WWDCのプレゼンテーションは、マーケティングやサードパーティの方ではなく、我々のエンジニアが行うのだ。

WWDCの参加者から、次のような話を聞いた事がある。WWDCでは、月曜日にどのようなテーマがあるかについて聞き、火曜日にそれを実際にラボで体験する事ができて、水曜日にはそれを作ったエンジニアと話す事ができる。これがWWDCだ、と。

世界中から集まってきた開発者が、初めてLeopardを見て、それを実際に手に取って体験し、その後Appleのエンジニアと対話する場が設けられる。このような場は、WWDCしかないであろう」。

Leopardのヴェールが外される、WWDC 2006。開催まで、あと2カ月と少しである。Boot Campはどのように発展するのか、そしてそれを凌ぐ機能は登場するのか。期待を持って待ちたい。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR大阪環状線103系クラシックトレイン運行 - 車内で生演奏、芸術の秋楽しむ
[07:30 9/25] ホビー
イモトアヤコ、“死の崖”アイガー登頂なるか!?『イッテQ!』2時間SP
[07:00 9/25] エンタメ
[今週の真田丸]第38回「昌幸」 流罪となった昌幸は……豊臣秀頼も登場
[07:00 9/25] エンタメ
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (25) img要素の属性
[07:00 9/25] 企業IT
ミイラ男もこんなにキュート! かわいいお化けがそろったハロウィーンカフェ
[07:00 9/25] 趣味

求人情報