【レポート】

CES 2006 - nanoっぽい音楽プレイヤー、SamsungとSanDiskから

 

SamsungとSanDiskが小型でスリムなポータブル音楽プレイヤーを発表した。人気のiPod nano対抗と言えるような製品で、ブースでも高い関心を集めていた。どちらもMP3のほか、WMAの再生が可能。Windows Media DRMに対応した音楽サービスをサポートする。

Samsungの「YP-Z5」はサイズが3.5×1.6×0.4インチで、1.8インチのカラー液晶スクリーンを装備、MP3およびWMAのオーディオファイルのほか、JPEG形式の画像に対応する。DNSe Portable 3Dサラウンドサウンド機能を搭載。再生時間が25時間となっている。MicrosoftのPlaysForSureのロゴは見あたらないが、ブースではNapsterを使ったデモを披露していた。2月発売予定で価格は4GBモデルが249ドル、2GBモデルが199ドル。

小型でも臨場感のある音質をアピールされていた「YP-Z5」

スリムなボディに豊富な機能がつめこまれた「Sansa e200」

SanDiskの「Sansa e200」は、サイズが3.5×1.7×0.5インチ、1.8インチのカラー液晶スクリーンを搭載する。音楽/画像/ビデオの再生に対応、ラジオ受信や録音機能も備える。PlaysForSureデバイスで、NapsterやRhapsodyなどのPlaysForSure対応音楽サービスで利用可能。6GB/4GB/2GBの3モデルが用意され、価格はぞれぞれ299.99ドル/249.99ドル/199.99ドル。3月発売予定となっている。

iPod nanoでは本体のキズや液晶割れも一部で報告されたが、どちらの製品もキズがつきにくそうなメタリックな素材を採用している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

重さ23g、わずかな頭の動きでポインタが操作できる装着型マウス
[21:12 9/26] パソコン
「夜桜四重奏」着せ替えカバーがシリウスに、次号成田良悟原作の新連載が開幕
[20:46 9/26] ホビー
トヨタの次世代交通システム分析にオラクルのクラウド可視化サービス
[20:37 9/26] 企業IT
小林麻耶、"ゴールが見えない闘い"に苦悩も「今を大切に一歩一歩前に」
[20:35 9/26] エンタメ
バルミューダ、注ぎ心地にこだわった「小さくて美しい」電気ケトル
[20:18 9/26] スマホとデジタル家電