【レビュー】

ウィルコムのフルブラウザ端末を試す

1 京セラWX300K

 
  • <<
  • <

1/4

ウィルコムは、「コアモジュール戦略」と銘打ってW-SIM(ウィルコムシム)を中核とした「SIM STYLE」を展開し始めたが、従来型の端末においても、音声通話だけではなくデータ通信まで含めた定額制とフルブラウザを武器に新たな戦略を打ち出してきている。本稿では11月25日に発売された新型端末「WX300K」「WX310K」そして「WX310SA」を紹介しよう。

WX300Kは京セラ製端末で音声通信を主用途にした端末であるが、その仕様から判断すると、機能については、2004年5月に発売され一斉を風靡した「AH-K3001V」そのままとも言えよう。

その概観はオーソドックスな二つ折り型で、背面液晶には、電池レベル、電波状態、バイブレーションモード、時刻などを示すモノクロ液晶とカメラの小さなレンズがあるだけで、極めてシンプルな印象を受ける。同様に操作部背面もスピーカーだけ。左側面にはシャッターボタン兼MEMOボタン、右側面にはイヤホンマイク端子(3極型)、底面にはミニUSBタイプの端子と専用充電器用の電極だけだ。

開閉もシンプルで「全開」のポジションしかなく、途中で止まる部分はない。しかし、液晶は小さいながらも非常に見やすく、日中の直射日光下でも色合いは読み取りにくくなるものの、字が見えなくなるといったこともない。

京セラ製端末WX300K。非常にシンプルなデザイン。右下の黒い丸はカメラレンズ

WX300Kの操作面。キー配置は一般的な携帯電話と同じ。蝶番の真下に「PAGE」ボタンを備える。その横には開閉感知のマイクロスイッチが見える

WX300Kの液晶。シンプルな本体機能に比して、精細な印象を受ける。日中でもその視認性は高い

操作面右側に配置されたイヤホンマイク端子。最近の主流は平型だが、WX300Kでは3極型が採用されている

WX300Kの左側面。シャッター兼伝言メモボタンのみが配置されている

操作面も一般的な携帯電話としては標準的な配列なので、操作に戸惑うことはないだろう。特徴と言うには些細なものだが、蝶番直下に「PAGE」ボタンがある。昨今の機種では、この機能を配したボタンは側面に付いていることが多い中、手探りしなくていいのは、ポイントが高い。このキーは待ち受け画面では新着メールの確認などにも利用できる。なお、些細なことだが、他のボタンとはキータッチが微妙に違い、若干固めでほんの少しだが操作に違和感がある。

WX300Kの待ち受け画面。一番下のガイダンス部分の文字から液晶の精細さがわかる

WX300Kのメニュー画面。プルドロップ型の配置が採用されている

機能

それでは、WX300Kの機能面を見ていこう。その構成は非常にシンプルとは言っても、フルブラウザと一般的な電子メールの送受信機能を搭載している。ビジネス用途で考えれば、これだけあれば通信手段としてこと足りることだろう。

フルブラウザとして搭載されているOperaは、起動時に若干のもたつき感はあるものの、他の端末に見劣りするほどのものではない。任意のURLを入力して表示させる時は、「サブメニュー」から「URL入力」を選択して、「新規作成」を選択すればよい。あらかじめ「http://www.」までを自動的に表示してくれるのは親切だ。

ブラウザの表示形式として「ケータイモード」「フルスクリーンモード」「スモールスクリーンモード」の三つのモードが用意されている。「ケータイモード」は文字主体、「フルスクリーンモード」はPCと同様の表示形式、「スモールスクリーン」はその中間で、左右スクロールが必要ないようにページレイアウトを再構成するとともに、画像を小さく、文字を大きく表示してくれる。「フルスクリーン」以外はページの体裁が大きく変わってしまうが、閲覧と操作は楽になるので、シーンに合わせて使い分けるといいだろう。また、表示中に「メニュー」「設定」の「ズーム」から拡大・縮小表示も可能だ(50・80・90・100・120・150・200%)。

標準搭載のフルブラウザ「Opera」を起動して、公式ページを表示したところ

Operaから呼び出した表示モードの設定画面。「ケータイモード」「フルスクリーンモード」「スモールスクリーンモード」がある。PCと同様に表示したい場合は「フルスクリーンモード」を選択する

:起動中のOperaから「メニュー」「設定」で呼び出し、「ズーム」比率を変更するところ。50~200%と幅広い倍率で変更可能になっている

「フルスクリーンモード」(倍率100%)でMYCOM PC WEBを開いたところ。上下左右にスクロールして閲覧することになるが、PC上のブラウザと同様の表示が可能となる

右の画像と同一ページを「スモールスクリーンモード」で開いた画

「ケータイモード」で閲覧した様子。ほとんどが文字ベースとなり処理が軽くなる

「フルスクリーンモード」だが「ズーム」50%を指定した画面。表示範囲が広くなり全体が見渡しやすい

「ズーム」200%表示。PC画面の一部を切り取った感じになる

メールに関しても一般的なPOP/SMTPアカウントを、本体のものとは別に二つ設定することができる。シンプルでありながら、一般的な携帯電話では出来ないことが可能になるのは非常にありがたい。もちろん、USBケーブルでPC等と接続すれば通信手段として使用することもできる。この他にも35万画素のCMOSを搭載したカメラも用意されている。なお、カレンダー表示機能はあるが、スケジュール管理機能はないので注意が必要だ。ウィルコムストアでの新規契約価格は9,800円となっている。

メニューの「アクセサリ」。カレンダーはあるがスケジュール機能はないようだ

WX300Kのメール設定画面。フォルダ─表示と一覧表示の切り替え、振り分け条件や文字サイズなどの設定が可能だ

WX300Kでメール設定画面。一般的な電子メールの送受信が出来るのは、このシリーズの強みだろう

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 京セラWX300K
(2) WX310K
(3) WX310SA
(4) まとめ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ダウンタウン、解散や引退に言及 - 松本人志「解散はない」
[08:34 9/30] エンタメ
【特別企画】ランサムウェア対策に重要なのはバックアップ!? 感染時に必要な対策とは
[08:32 9/30] IT製品比較
鈴木亮平が銭形のとっつあんに大変身! ドラマ『銭形警部』2017年放送
[08:30 9/30] エンタメ
ロジテック、LightningとUSB-Aコネクタを備えたUSBメモリ
[08:24 9/30] パソコン
さだまさし、大ファンの『鬼平』出演 - オファーに「出るに決まってるだろ!」
[08:23 9/30] エンタメ