【レポート】

ゴジラ松井に続き朝青龍も驚いた! - 「キング・コング」ジャパン・プレミア

東京国際フォーラムにて、17日の全国公開を目前に控えた映画「キング・コング」のジャパン・プレミアが開催された。会場内の広場にはレッドカーペットがしかれ、ナオミ・ワッツほかキャスト陣や、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」でアカデミー賞を総なめ、今作でもその手腕を発揮したピーター・ジャクソン監督らが登場。当日は真冬の寒さながら、会場には彼らをひと目見ようと多くのファンが集まった。

レッドカーペット。ファンからは「ナオミー! ナオミー!」といったような大声援があがる場面も。握手やサイン攻めにも気さくな様子で応じる姿が印象的だった

イベントに登場したのは、ヒロイン、アンを演じるナオミ・ワッツのほか、アンに恋する誠実な映画脚本家ジャック役のエイドリアン・ブロディ、"ベンチャー号"の船長イーグルホーン役のトーマス・クレッチマン、ベンチャー号クルー役のほかキング・コングのモーションも担当したアンディ・サーキス、そしてピーター・ジャクソン監督など豪華な顔ぶれ。また、プレミア上映前の舞台挨拶にはキャスト・スタッフ陣のほか、特別ゲストとして、大相撲第68代横綱の朝青龍関も駆けつけた。

プレミア上映を前に舞台挨拶に立ったジャクソン監督は、今作への想いを「この映画を撮ることは、僕の12歳の時からの夢だったんだよ。ようやく夢がかなった」と笑顔で話す。また映画の"デキ"についても「こんなに素晴らしいキャストとスタッフが揃って、本当に素晴らしいものができた」と太鼓判。さらに「今回の来日で東京の街を見て回ったんだけど、ひとつだけ足りないと思ったものがあったよ。東京タワーにキング・コングがいなかったんだ! 続編では東京タワーにキング・コングを登らせないと」と監督ならではのユニークな発言でファンを沸かせていた。

作品の公開を前に「赤ん坊を世に送り出す親の気分」と語るピーター・ジャクソン監督

アン役のナオミ・ワッツ。実存しないキング・コングという存在を相手に行なう演技は難しかったが、楽しかったという

ジャック役のエイドリアン・ブロディは「素晴らしい映画に出演でき、とても光栄。そして美しい女性と共演できたことはとても幸せ」と語る

「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム役でも有名なアンディ・サーキスは、壇上でキング・コングのものまね? も披露した。映画については「アンとキング・コングの関係が重要なポイント」と話す

元水泳選手でオリンピック代表にもなったという異色の経歴を持つのがトーマス・クレッチマン。エイドリアンとは戦場のピアニストでも競演していた

そして、各々のキャストが作品への思い入れ、撮影秘話などを語り、会場に集まったファンのボルテージも最高潮になったところで今回の特別ゲスト、横綱朝青龍関が登場。実は朝青龍関、映画好きで特にピーター・ジャクソン監督の大ファンだという。憧れの人に直接会えた朝青龍関は嬉しそうな表情を見せていたが、横綱の巨体を前にしたジャクソン監督はじめキャスト・スタッフ陣もそれ以上に大はしゃぎ、朝青龍関が見事イベントに華を添えたかっこうとなった。

そして特別ゲストの朝青龍関が登場。まずは全員仲良く肩を組む

ジャクソン監督が何かを企んでいるような……

なんとキャスト陣をけしかけ朝青龍関を襲撃!

……もあえなく返り討ちに会うジャクソン監督。といった楽しいハプニングもあった

会場には協賛する東芝の最新製品もずらり

イベント会場内では、映画に協賛する東芝の最新製品の展示デモンストレーションも行なわれていた。

会場に用意された東芝の製品ブース

会場に用意されたのは、米メジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースに所属する、ゴジラこと松井秀喜選手がキング・コングと競演するTVCMでおなじみのHDD&DVDレコーダー「W録(ダブロク)」や、次世代DVD規格を採用したHD DVDレコーダー、また、同社のデジタルオーディオプレイヤー「gigabeat」とキング・コングのコラボレートによる「gigabeat X20K KING KONG」モデルなど。

HD DVDレコーダーのデモンストレーションはもちろんのこと

キング・コングモデルのgigabeatなども展示されていた



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事