【レポート】

ビデオiPodを触ってきました - 従来のiPodと新iPodの比較など

 

アップルコンピュータは、米国で発表された動画対応のビデオiPod、iTunes 6、iMac G5の説明会を国内でも開催、アップル代表取締役の前刀禎明氏が国内での価格などを発表した。

アップル・前刀禎明氏

新たに動画に対応したiPodは、厚みが30GBモデルで11mm、60GBモデルで14mmと、従来のiPodの16.1mmと比べても大幅に薄型化を実現している。ディスプレイサイズも2.5型となり、解像度も320×240ドットと高精細化。初めて見ると、液晶の大きさはインパクトがあり、写真もムービーも、より見やすくなっている。

一見して大型化されたことがわかるディスプレイ

本体の縦と横のサイズは従来通り

動画対応以外の機能はほぼ従来通りで、薄型としつつも、バッテリ駆動時間は30GBモデルで14時間、60GBモデルで20時間を実現。ビデオの連続再生時間は同2時間、3時間だそうだ。

従来よりも薄型化され、感覚的にはiPod nanoを持ったときのような薄さ

動画の再生に対応した。液晶は高精細で見やすく、動画もなめらか

ビデオ再生時にしばらく無反応になり、一瞬とまどうが、その後動画が再生される。再生が一瞬待たされる点が残念だが、液晶の質もよく、動画もなめらかに表示される。

本体上部

新対応となる動画だが、新しいiTunes 6には特にエンコーダー機能はなく、iTunes Music Storeで購入したファイルか、既存のMPEG-4/H.264ファイルをiTunes 6に取り込むことでビデオiPodに転送、再生できる。

既存のiPodとの比較。右が従来、左が新iPod(30GBモデル)

こちらは新型iMac G5(17インチモデル)。さらに薄型化。画面はPhoto Booth

ディスプレイ上部に内蔵されたiSight

新機能Front Row。リモコンでiMac G5を操作できる

これがリモコン。iPod Shuffleに近い外観で、ボタン数も少ない。米国の講演でSteve Jobs Apple CEOはWindows Media Center PCのリモコン(Dell/HP)と比べてボタン数の少なさを強調していた。もっとも、Media Center PCとは機能が違うため、一概には比較できないと思うのだが

DVD再生メニュー。少ないボタン数で快適に操作できるインタフェースを実現している

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン