【レポート】

ビデオiPodを触ってきました - 従来のiPodと新iPodの比較など

小山安博  [2005/10/13]

アップルコンピュータは、米国で発表された動画対応のビデオiPod、iTunes 6、iMac G5の説明会を国内でも開催、アップル代表取締役の前刀禎明氏が国内での価格などを発表した。

アップル・前刀禎明氏

新たに動画に対応したiPodは、厚みが30GBモデルで11mm、60GBモデルで14mmと、従来のiPodの16.1mmと比べても大幅に薄型化を実現している。ディスプレイサイズも2.5型となり、解像度も320×240ドットと高精細化。初めて見ると、液晶の大きさはインパクトがあり、写真もムービーも、より見やすくなっている。

一見して大型化されたことがわかるディスプレイ

本体の縦と横のサイズは従来通り

動画対応以外の機能はほぼ従来通りで、薄型としつつも、バッテリ駆動時間は30GBモデルで14時間、60GBモデルで20時間を実現。ビデオの連続再生時間は同2時間、3時間だそうだ。

従来よりも薄型化され、感覚的にはiPod nanoを持ったときのような薄さ

動画の再生に対応した。液晶は高精細で見やすく、動画もなめらか

ビデオ再生時にしばらく無反応になり、一瞬とまどうが、その後動画が再生される。再生が一瞬待たされる点が残念だが、液晶の質もよく、動画もなめらかに表示される。

本体上部

新対応となる動画だが、新しいiTunes 6には特にエンコーダー機能はなく、iTunes Music Storeで購入したファイルか、既存のMPEG-4/H.264ファイルをiTunes 6に取り込むことでビデオiPodに転送、再生できる。

既存のiPodとの比較。右が従来、左が新iPod(30GBモデル)

こちらは新型iMac G5(17インチモデル)。さらに薄型化。画面はPhoto Booth

ディスプレイ上部に内蔵されたiSight

新機能Front Row。リモコンでiMac G5を操作できる

これがリモコン。iPod Shuffleに近い外観で、ボタン数も少ない。米国の講演でSteve Jobs Apple CEOはWindows Media Center PCのリモコン(Dell/HP)と比べてボタン数の少なさを強調していた。もっとも、Media Center PCとは機能が違うため、一概には比較できないと思うのだが

DVD再生メニュー。少ないボタン数で快適に操作できるインタフェースを実現している

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR