【レビュー】

Athlon 64 X2 3800+の性能を確認する

1 今回は、同価格帯の競合製品を並べてみた

 
  • <<
  • <

1/4

既に伝えられているように、AMDは8月1日にデュアルコアのエントリモデルである「Athlon 64 X2 3800+」を発表した。今回はその性能とポジショニングを確認してみたいと思う。

Photo01:「Athlon 64 X2 3800+」。パッケージは従来から変更なし

価格とポジショニング

Athlon 64 X2 3800+はManchesterコアで2GHz動作の製品となる。事前の噂ではToledoコア、つまり1MB L2キャッシュを搭載して2GHz動作のモデルが同時に4000+として登場するという話もあったが、今回は見送られた様だ。ただこの理由はなんとなく理解できる。表1は939pinのAthlon 64のラインナップ、表2はAthlon 64 X2のラインナップだが、Athlon 64で1MB L2キャッシュ製品は2.2GHz以上に限定されており、Athlon 64 X2もこれに倣ったものと思われる。ただ、製品自体が無いわけではない。8月2日に発表された939pinのOpteronのラインナップにはOpteron 165/170/175が含まれるが、いずれも1MB L2キャッシュのToledoコアベースのもので、動作周波数はそれぞれ1.8GHz/2GHz/2.2GHzとなる。従って無い訳ではなく、単にラインナップしないというだけの話のようだ。

表1 Athlon 64(939pin)のラインナップ

動作周波数 L2キャッシュ容量
512KB 1MB
1.8GHz 3000+
2GHz 3200+
2.2GHz 3500+ 3700+
2.4GHz 3800+ 4000+
2.6GHz FX-55
2.8GHz FX-57

表2 Athlon 64 X2のラインナップ

動作周波数 L2キャッシュ容量
512KB 1MB
2GHz 3800+
2.2GHz 4200+ 4400+
2.4GHz 4600+ 4800+

さてそのAthlon 64 X2だが、改めて価格をまとめると表3の様な状態になっている。価格改定でデュアルコア製品は全般的に価格が下がっているが、シングルコア製品が更に価格が下がった関係で、結果としてシングルコアとデュアルコアの価格が完全に重ならなくなってしまった。唯一Athlon 64 X2 3800+がAthlon 64 4000+よりちょっとだけ安い価格をつけていることで、かろうじてオーバーラップしているという位置付けにある。

表3

Athlon 64 Athlon 64 X2 Athlon 64 FX
モデルナンバー 価格(USD) モデルナンバー 価格(USD) モデルナンバー 価格(USD)
3000+ 149 3800+ 354 FX-55 827
3200+ 194 4200+ 482 FX-57 1,031
3500+ 223 4400+ 537
3700+ 272 4600+ 704
3800+ 329 4800+ 902
4000+ 375

この価格を、Intelも含めて改めてまとめたのがグラフである。デュアルコア大研究のグラフ1と2をまとめたようなものだが、Intel/AMD共に価格改定があったので、これを反映したものとなっている。これからAthlon 64 X2 3800+の価格的なポジショニングを見ると

  • Athlon 64 3800+と4000+の間
  • Pentium 4 551と561の間
  • Pentium 4 640と650の間
  • Pentium D 830と840の間

というあたり。100$以上価格差のあるPentiunm D 840やPentium 4 571/660は問題外として

  • Athlon 64 4000+
  • Pentium 4 561
  • Pentium 4 650
  • Pentium D 830

あたりが価格的な競争相手という事になる。ちなみに秋葉原での初売り価格は44,000円~45,000円あたりに落ち着いているが、これは初物のご祝儀相場と思われる。長期的にはAMDの発表した1,000個ロットの価格である40,710円に近づいてゆくだろう。

グラフ1

製品の特徴

さてそのAthlon 64 X2 3800+、OPNはADA3800DAA5BVとなっている。このところAMDはTechical Documentを更新しておらず、この結果いまいちOPNが意味するところを正確に解釈できない(Athlon 64 X2のPower and Thermal Data Sheetがリリースされていない)が、AMDの発表によれば

  • Nominal Voltage : 1.35V
  • Max Thermal Power : 89W
  • Max Ambient Case Temp : 65℃

となっている。冷却に関しては従来のAthlon 64が最大70℃だったから、ちょっと放熱はタイトという事になるが、消費電力自体は89Wで、従来のSocket 939マザーボードでそのまま使える(BIOSの更新は当然必要だが)というのは嬉しいところだ。OSからは、特にプロセッサドライバなどを入れ替えなくてもそのままデュアルコアとして認識されるのは従来のAthlon 64 X2と同じ(Photo02)。ただ、このままベンチマークを実施すると、PCMark04/05で異常な結果が出る事が知られており、これの対策用としてAMDからProcessor Driver V1.2.2.2がリリースされているので、これをインストールして利用した。ちなみにCrystalCPUID(Photo03)やCPU-Z(Photo04)でも、正しくCPUが認識されている事が判る。

Photo02:ちゃんと3800+のモデルナンバーも正しく認識されている事が判る。

Photo03:CrystalCPUID 4.5.1.264での表示。ちゃんとデュアルコアと認識されている。

Photo04:CPU-Zでの表示。コアリビジョンはSH9-E4となっている事が判る。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 今回は、同価格帯の競合製品を並べてみた
(2) ベンチマーク(1)
(3) ベンチマーク(2)
(4) ベンチマーク(3) / 考察

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事