【レビュー】

スマートながらさらに強力なグラフィックカードGeForce 7800 GTXを試す

1 ピクセルシェーダ、ついに24ユニット

 
  • <<
  • <

1/5

NVIDIAによる発表から1カ月弱が経過し、最新GPU GeForce 7800 GTX搭載製品が潤沢に出回っている。型番の上ではGeForce 6800 GTの後継を思わせるが、NVIDIAによればGeForce 6800 Ultraの後継とされており、同社のゲーマー向けGPUの最上位に位置する製品だ。GeForce 7シリーズということで、これからハイエンドだけでなくメインストリームもラインアップが揃うことになるようだが、とりあえずこれまで通り最初に最上位を発表という形だ。

GeForce 7800 GTX搭載リファレンスカード

GeForce 7800 GTX搭載製品は発表と同時に入手可能となり、価格的にもGeForce 6800 Ultraの発売時と比べ若干リーズナブルなようだ。そして比較的歩留まりが良い印象を受けるのも今回のGeForce 7800 GTXの特徴だ。さらに注目なのは、どのメーカーも一様にOC耐性が高いと評価している点だ。既にLeaadtekとGIGABYTEがコアユーザー向けにオーバークロックBIOSを公開しており、これを逆に読めば、将来よりクロックを引き上げたバージョンが投入される可能性をも匂わせる。

さて、まずハードウェアスペックでGeForce 6800 Ultraから強化された点を確認すると、ピクセルシェーダが16ユニット→24ユニット、バーテックスシェーダが6ユニット→8ユニットとなった点がひとつ。そしてもうひとつ動作クロックでも、コアが400MHz→430MHzに、メモリが550MHz→600MHzに引き上げられている。ここだけ見るとGeForce 6800 Ultraの1.x倍程度にしか見えないが、GeForce 7800 GTXではそれらに加え、アーキテクチャ面ではCineFXに変更が行われている。CineFXは3.0から4.0へと進化し、その処理性能で前世代比2倍とされている。

GPU GeForce 7800 GTX GeForce 6800 Ultra
トランジスタ数 3億200万 2億2200万
プロセスルール 0.11μm 0.13μm
コアクロック 430MHz 400MHz
メモリクロック 600MHz(データレート1200MHz) 550MHz(データレート1100MHz)
メモリバス幅 256bit
メモリタイプ GDDR3
ピクセルシェーダ 24 16
バーテックスシェーダ 8 6
シェーダモデル 3.0
CineFX 4.0 3.0

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) ピクセルシェーダ、ついに24ユニット
(2) 外観 / ベンチマーク構成
(3) ベンチマーク結果(1)
(4) ベンチマーク結果(2)
(5) SLIアダプタ無しのテスト / まとめ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「ぼのぼの×HELLO KITTY」新作や「ぼのちゃん」初グッズを夏コミで販売
[15:46 7/31] ホビー
[高橋愛]“ハリポタ愛”語る 「一緒に年を重ねている感じ」
[15:26 7/31] エンタメ
[真田丸]長宗我部盛親役の阿南健治がゆかりの地・高知へ 「龍馬だけではなく盛親も応援して」
[15:20 7/31] エンタメ
カリスマ実演販売士・レジェンド松下の「実力」
[15:05 7/31] エンタメ
『妖怪ウォッチ』最新版「ドリーム」発売、メダルでゲーム・筐体と連動
[15:00 7/31] ホビー