【レビュー】

Pentium DとIntel 945Gチップセットを緊急テスト

1 Pentium D 820/830/840・Pentium 4 670

  • <<
  • <

1/6

Pentium XEとIntel 955Xに続き、メインストリーム向けのデュアルコアCPUとそのサポートチップセットであるIntel Pentium DおよびIntel 945ファミリーが、5月27日発表になった。また同時に、Pentium 4 670も発表になった。そこで早速その実力を確認してみたいと思う。

Pentium D 820/830/840

さて、まずはPentium Dプロセッサである。このプロセッサはPentium XE同様、1MB L2キャッシュを搭載するPrescottコアをデュアルで搭載した、Smithfieldと呼ばれる製品である。実のところ、Pentium XEとPentium Dの違いは

  • 動作周波数: Pentium XEは3.2GHzのみ、Pentium Dは2.8GHz/3GHz/3.2GHzの3製品
  • Hyper-Threading: Pentium XEは2つのコアでそれぞれHyper-ThreadingがEnableになっているので、ソフトウェアから見ると4プロセッサ構成に見えるが、Pentium DはHyper-ThreadingがDisableなので、ソフトウェアからも2プロセッサ構成として見える(Photo01,02)。
  • EIST/TM2: Pentium XEはEIST(Enhanced Intel Speedstep Technology)とTM2(Thermal Monitoring 2)がDisableである。これに対し、Pentium DはEIST/TM2共にEnableである。

Photo01:Pentium D 820でのDevice Managerの表記。これだけ見ていると、Pentium 4 520と見分けがつかない。

Photo02:コチラはPentium D 840。

といったあたりである。それ以外、例えばFSBとかキャッシュサイズなどは両者ともに完全に同じであり、性能面から見るとHyper-Threadingの有無(と動作周波数)が主な違いである。実際、Crystal CPUIDの表示を見る限り、Pentium XE 840と同じステッピングのコアである事が示されている(Photo03,04)。

Photo03:Pentium D 820でのCrystal CPUIDの表示。Pentium XE 840での結果と比べてみると、Family/Model/Stepping/FamilyExが完全に同じな事が判る。

Photo04:同じくPentium D 840での表示。論理CPUの数が2になっているため、HTTやNumberが4→2になっているところが大きな違いか。SpeedStepがここでEnableなのは、BIOS SettingでEnableにしているため。

ただ、電源供給面から見るとまたちょっと別の話がある。プロセッサ自体の消費電力に関して言えば

  • Vcore: 1.2V~1.4V
  • TDP: 95W(Pentium D 820)~130W(Pentium D 840)

と設定されており、Pentium XE 840とPentium Dでは同じ数値となっている。ただ起動後の消費電力はともかく、電源ONの際にマザーボード上の電源レギュレータが要求する突入電流に関しては、12Vラインで

  • Pentium D 840: 19A
  • Pentium XE 820: 22A

が必要になってくる。実は、ここで投入電流が20Aを超えるか超えないか、が大きな問題となってくる。ここで関係してくるのは情報処理機器に関する安全規格であるUL60950というもの。この安全基準の中に、俗に「240VA安全基準」と呼ばれるものがある。電圧が2V以上で電力が240VAを超えるような回路は高エネルギーレベルと見なし、ユーザーが直接触れられないような保護を行う必要があるというものであるが、Pentium XE 840の場合12V×22A=264VAとなり、見事にこれに引っかかってしまうのである。これを避けるために、Pentium XE 840を使う際には12Vを2回路以上に分け、別々に供給してやる必要がある。実はこれが、前回Pentium XE 840のマシンにEPS電源が搭載されていた理由である。ATX 12V規格の場合、12V回路は必ずしも2回路持つ必要はなく、実際に1回路で済ましている製品も少なくない。ところがEPS電源の場合、+12Vラインが+12V CPU(16.5A以上)と+12V I/O(13A以上)の2つに分かれており、2回路以上の+12Vラインが必須となるから、Pentium XEには都合が良いという訳だ。このため、前回紹介したD955XBKにはEPS電源コネクタが用意されているというわけだ。一方、Pentium XEをサポートしないIntel 945チップセットを使う場合、12Vラインが240VAを超える可能性は無いということで、(後で示す通り)引き続きATX12Vコネクタが利用される。このあたりが、Pentium DとPentium XEの(現実問題としての)大きな違いだとは言えそうだ。

ちなみにパッケージは従来と違いがない。表面は当然同じで(Photo05,06)、裏面もPentium XE 840と同じコンデンサ配置となっている。パッケージのシルク印刷が同じ事からも分かる通り、両者は殆ど同じ生産ラインで、Hyper-ThreadingやEIST/TM2のEnable/Disableだけを後工程で細工して分けてるだけというところなのだろう。

Photo05:左がPentium 4 670、右がPentium D 820

Photo06:こちらはPentium D 840

Photo07:左のPentium 4 670は、従来のPentium 4と全く同じ配置。

Photo08:これはPentium D 840で、Pentium D 820(Photo07右)やPentium XE 840と共通。

Pentium 4 670

ついでPentium 4 670である。こちらはPrescott-2MBの最高クロック製品(3.8GHz)であるが、主要な機能は従来のPentium 4 600シリーズと全く同じである。CPU-Zの結果(Photo09)を以前のPentium 4 660の結果と比較してみると、SteppingやRevisionは全く同じであることが判る。TDPは従来のPentium 4 660と同じく115Wで、Platform Compatibility Guide 04Bに準拠している。

Photo09:動作周波数が2.8GHzに落ちているのは、EISTが動作してしまっている状態なためで、BIOSでこれを切るとちゃんと3.8GHz動作となる。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) Pentium D 820/830/840・Pentium 4 670
(2) Intel 945P/945G
(3) ベンチマーク環境 / ベンチマーク1 - 結果(1)
(4) ベンチマーク1 - 結果(2)
(5) ベンチマーク2 - 内蔵グラフィックテストの結果
(6) まとめ

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事