【レポート】

ソーシャルネットワークの時流

1 ソーシャルネットワークサービスとは

後藤大地  [2005/04/25]
  • <<
  • <

1/3

1年ほど前から、日本でもソーシャルネットワークが広がりをみせている。何をはしりとするのかは難しいが、Googleが提供したOrkutと呼ばれるサービスが、日本でもソーシャルネットワークの認知を広めたことは疑いようのないところだ。Orkutは基本的に英語しか扱えないが、それにもかかわらずOrkutには日本からのユーザも多く見られた。関心の高さがうかがえるだろう。

ソーシャルネットワークサービス

ソーシャルネットワークサービス(SNS)は、人間関係に的を絞ったウェブサービスの一種である。一言で表現することは難しいが、いろんな人のウェブサイトが集まったサービスと考えると、イメージしやすいかもしれない。通常のホームページサービスとの違いは、友達と親睦を深めるための機能や、新しく知り合いを得るための機能が、あらかじめいくつも用意されているというところだろう。

SNSのはしりは、今から2年前の2003年初頭、米国のFriendsterというサービスに見ることができる。日本では1年遅れの2004年初頭、Googleが提供を始めたOrkutと呼ばれるSNSの登場で、一躍脚光を浴びるようになった。日本におけるGoogleの知名度はきわめて高い。そのGoogleがSNSを始めたのである。日本のIT関連ニュースでこぞってSNSが取り上げられるようになり、一気に普及した。1年経過した現在でも、SNSを提供する企業は増えており、参加者は増加の一途をたどっている。今がまさに成長期といえるだろう。

SNSを利用するためには、まず、SNSを提供しているサイトでアカウントを作成する。アカウントは自分で申し込んで作成することもあるし、すでに参加しているユーザから招待してもらうこともある。現在日本で代表的なSNSは後者の招待タイプである。アカウントを作成したら自分用のページが用意されるので、まず自己紹介文を書いておくことが多い。次に友達をみつけて登録したり、自分の興味がありそうな話題を探して参加するのである。

ソーシャルネットワークサービスをつかって何をするのかということは人それぞれだ、今のところ日本では娯楽的な要素が強い。米国では仕事のためにスキルシート代わりという側面も強く持っている。

最近のある調査では、SNSに関する意見は大きく分かれたそうだ。SNSをすでに利用している人はとても便利なツールだと考えているが、参加していない人はそもそも興味がなく、興味がないので今後も参加するつもりはないという結果だった。確かに、実際にやってみないとどういったサービスかつかみにくい。そのあたりをふまえつつ、本稿ではSNSを紹介していこうと思う。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) ソーシャルネットワークサービスとは
(2) 米国と日本の違い、米国のSNS、日本のSNSの双璧 mixiとGREE
(3) コミュニケーションの変化


IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

尾野真千子、江口洋介との夫婦役で挑む"特別養子縁組" - 脚本は遊川和彦氏
[05:00 5/31] エンタメ
林遣都「生み出してくれた又吉さんに感謝」- ドラマ『火花』ドイツで上映
[05:00 5/31] エンタメ
every♥ing!、高校卒業後初となる3rdシングルのタイトルや新アー写を公開
[05:00 5/31] ホビー
[甲鉄城のカバネリ]OPがオリコン2位 発売初週に3万枚
[04:00 5/31] ホビー
[おそ松さん]ドラマCD第4弾がオリコン3位 4万枚で自己最高の滑り出し
[04:00 5/31] ホビー

特別企画 PR

求人情報