【レポート】

売れ筋ランキング - CLIE終了後のPDA市場、どうなった?

 

今回はモバイル端末、ビジネスソフトのランキングです。

モバイル端末

順位機種名メーカー標準価格実勢価格
1Zaurus SL-C3000シャープOPEN58,000~83,000
2CLIE PEG-TH55ソニーOPEN36,500~57,600
3iPAQ hx4700 Pocket PC日本HP69,93066,300~69,930
4CLIE PEG-TH55DKソニーOPEN50,200~55,500
5GENIO e830東芝OPEN61,800~71,400
6Zaurus SL-C860シャープOPEN44,100~69,800
7GENIO e830W東芝OPEN68,200~78,900
8CLIE PEG-UX50ソニーOPEN43,800~68,000
9HP iPAQ rx3715 MMC(※)日本HP49,98037,200~49,980
10CLIE PEG-VZ90ソニーOPEN74,600~94,500
※HP iPAQ rx3715 MMCの正式名称は、HP iPAQ rx3715 Mobile Media Companion

「Zaurus SL-C3000」がトップを守り、2位には「CLIE PEG-TH55」がつけているが、3位に「iPAQ hx4700 Pocket PC」が飛び込み、従来とは違ったランキングになった。最近では、Pocket PC勢力が上位に来ることも少なかったのだが、ソニーが日本PDA市場からの撤退を表明したことで、国内PDAの勢力図が大きく変わり始めたようだ。

今年に入り新製品を出しているのは、シャープ、そしてPocket PCを作っている日本HPやデルだ。シャープの主力がキーボード付きモデルとなっているので、PalmスタイルはCLIEが無くなるとPocket PCのみとなる。ランキングでPocket PCが増えてきているのは、CLIEが終息してきたことで、他に選択肢が無くなっているということも大きな理由だろう。

シャープはZaurusの新モデル「SL-C1000」を発表した。これは、SL-C3000のHDDを無くして代わりにメモリを積んだ廉価モデル。このモデルが登場したことで、現在ランクインしているSL-C860は生産終了となり、流通在庫のみとなっている。

今後ランキングでは、SL-C860からSL-C1000へと売れ筋が移行していくことになるだろう。CPUやソフトウェアはSL-C3000と同等なので、HDDにより動作パーツが増えることを気にしていたユーザーにとっては、待望の後継モデルとなりそうだ。

また春の新社会人・新入学に向けて、電子辞書コーナーに力をいれるショップも増えてきた。PDAと電子辞書は近くに展示されることも多く、辞書機能を備えるPDAも増えている。この春商戦はPDAにとっても重要な季節となるだろう。

ビジネスソフト

順位ソフト名メーカー名標準価格実勢価格
1InternetSecurity2005特別優待版シマンテック8,1905,560~6,580
2ウイルスバスター2005トレンドマイクロ8,9255,470~6,600
3一太郎2005&花子2005スペシャル UPGジャストシステム15,000(税別)13,750~15,750
4Norton AntiVirus 2005 特別優待版トレンドマイクロ4,9983,650~4,180
5一太郎 2005 バージョンアップ版ジャストシステム8,000(税別)7,500~8,400
6マカフィーインターネット2005 優待版マカフィー6,2794,360~4,880
7Windows XP Professional ステップUPGマイクロソフトOPEN11,890~13,300
8Microsoft PowerPoint 2003マイクロソフトOPEN22,040~24,980
9ウイルスセキュリティ2005EX100万人記念ソースネクスト1,9801,790~1,980
10一太郎2005 キャンペーン版ジャストシステム9,800(税別)7,980~9,580
※一太郎2005&花子2005スペシャル UPG=一太郎 2005 & 花子 2005 スペシャルパック 特別バージョンアップ版
※マカフィーインターネット2005 優待版=マカフィー・インターネットセキュリティスイート 2005 優待版
※Windows XP Professional ステップUPG=Microsoft Windows XP Pro SP2 Home Edition限定ステップアップグレード
※ウイルスセキュリティ2005EX100万人記念=ウイルスセキュリティ 2005 EX ご愛用者100万人突破記念パッケージ (スリムパッケージ版)

例年通り2月発売となった一太郎シリーズが、花子とのセットパッケージと単体でのアップグレードパッケージ、2種類共にランクインしてきた。発売月には着実な売り上げを見せる同製品。既存ユーザーからの人気が高く、買い換えユーザーが多いことがわかる。

従来だと主力の一太郎のみに人気が集中しがちだったが、今回はランキングにこそ登場していないものの、周辺ソフトウェアにも需要があるようだ。従来はATOK単体の発売日が一太郎よりも遅かったので「ATOKのために一太郎を購入する」というユーザーが多かった。しかし、今回はATOKと同時販売になったにもかかわらず一太郎を購入するユーザーも多いそうだ。

セキュリティソフトウェアでも、マカフィー・インターネットセキュリティがランクインしてくるなど、定番タイトル以外の動きも活発だ。これから、春の新入学・新社会人向けの展開がラストスパートを迎え、定番のセキュリティソフトウェアや、ビジネスツールの動きも良くなってくる。

また携帯電話のモデルチェンジシーズンを迎え、携帯電話ユーティリティソフトウェアの動きも出てきている。大きな新機能は出てこないようだが、各社得意とするメーカー・機能の色が出てくるので、自分の目的にあった製品の見極めがポイントになってくるだろう。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2種のチーズを練り込んだ砂糖・バター・マーガリン不使用のクッキーが発売
[11:00 9/25] ヘルスケア
一万円札で汗がぬぐえる!? 「お札タオル」とは
[11:00 9/25] マネー
[Github Universe 2016] 日本人エンジニアに聞いた、企業向け「GitHub Enterprise」の魅力
[11:00 9/25] 企業IT
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第19回 1日分の寿命の代償にほしいものは?
[11:00 9/25] 読者プレゼント
松本人志、NHKを批判 - SMAP紅白出演オファーの公表「利用している」
[10:51 9/25] エンタメ