【レビュー】

Linux版一太郎と新しいATOKを試す

1 久しぶりのバージョンアップでどう変わった?

海上忍  [2005/02/03]
  • <<
  • <

1/4

日本のLinuxユーザの関心事の1つに、日本語入力システムがある。WnnにCanna、SKKにAnthy…… UNIX系OSを利用したことのないユーザにとっては聞き慣れないものばかりかもしれないが、いずれも知られた日本語入力システムだ。日本語文書の作成に必携のツールであり、どれを使うかはユーザの趣味・趣向が色濃く反映される事柄なだけに、昔から果てしない(?)議論が続けられている。

そのように選択肢が少なくはない環境にありながら、ユーザの熱い支持を受けてきた日本語入力システムが「ATOK」だ。最初のLinux版(ATOK 12 SE)が1999年に登場、翌年にはWindows版と同程度にまで機能強化された「ATOK X」がリリースされたものの、以降バージョンアップすることなく4年が経過、よもやディスコンティニューでは? との噂もあったほどだ。それだけに、昨年秋の「ATOK for Linux」をリリースするというニュースは、Linux版ATOKのバージョンアップを待ち続けていたユーザにとって吉報だったに違いない。

ATOK17ベースの変換エンジンを搭載、推測変換など機能大幅アップの「ATOK for Linux」

今回、同時にリリースされた「一太郎 for Linux」とあわせて「ATOK for Linux」を試用する機会に恵まれたため、その機能の概要とアップグレードに関連する子細について報告したい。なお、一太郎 for LinuxとATOK for Linuxのいずれも試用ベータ版を利用しているため、実際に販売される製品版とは一部仕様が異なること、テスト環境にはFedora Core 3を使用(正式な対応ディストリビューションではない)していることを、あらかじめ了解いただきたい。

スプラッシュ画面には「Linux」とあるが、実はWindows版の一太郎 2004「そのまま」の「一太郎 for Linux」

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 久しぶりのバージョンアップでどう変わった?
(2) Linuxの日本語入力システムとATOK
(3) ATOK for Linuxを吟味する
(4) まとめ - ある程度の自助努力は必要

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー