【レビュー】

"究極のミックス" - 「iPod shuffle」を試す

1 iPod shuffleの外観をチェック

 
  • <<
  • <

1/2

MacworldでApple初のフラッシュメモリー内蔵オーディオプレイヤー「iPod shuffle」が発表された直後、米国では一部のApple Storeで512MBモデルの発売が開始された。そこで早速、1台入手。Appleがアピールする"究極のミックス"を試してみた。

シャッフルマークが表面に描かれたiPod shuffleのパッケージ

本体のほか、ネックストラップとヘッドフォンが付属

ネックストラップ

iPod Shuffleは、99ドルの512MBモデルのほか、149ドルの1GBモデルが用意される。サイズは85×25×8.5ミリで、重量は22グラム。USB 2.0対応で、本体下部のキャップを外すと、USB接続端子が現れる。キャップは金属パーツでカッチリとはまるようになっている。付属のストラップには、USB接続端子部分をはめ込んで接続する形になるが、接続がしっかりしているので振り回しても簡単には外れない。

対応するオーディオフォーマットは、AAC、MP3、WAV、Audible。v10.2.8以降のMac OS XおよびWindows 2000(SP4)/Windows XP(SP2)に対応。v4.7.1以降のiTunesが必要になる。

本体正面には円形の操作ボタンが配置されている。周囲のリングを上下に動かすと音量の大小の調節、左右に動かすと早送り/巻き戻し、または曲のスキップが可能。真ん中のボタンは再生/ポーズである。iPodやiPod mini同様、円形の操作ボタンは親指だけで正確に操作できる。本体よりもボタンが浮き上がっているが、ボタンには適度な重さのクリック感があるため、ポケットに入れていても勝手に押されたりということはなかった。

円形の操作ボタンを備えたiPod shuffle前面

USBキャップを外した状態

背面には「電源オフ」「曲順に再生」「シャッフル再生」を選択できるスイッチとバッテリー残量確認のボタンを備える。「曲順に再生」に合わせれば、転送した順番で楽曲が再生され、「シャッフル再生」ではランダム再生が行われる。バッテリー残量確認ボタンを押すとボタンの端の方が光る。十分なバッテリーが残っている時は緑色で、残量が少なくなるにつれて光が赤みを増し、完全に赤色になると充電が必要。あとはヘッドフォンジャックが上部にあるのみで、ディスプレイは備えていない。

ディスプレイがないため、バッテリー残量のアラートやデータ転送の状態などをライトで表示

背面には電源オフと再生モードの切り換えスイッチ、バッテリー残量確認ボタン

操作方法を説明するカード

背面ではライトの表示が示す内容などを説明

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) iPod shuffleの外観をチェック
(2) iPod shuffleを楽しむには、iTunesを鍛えるべし!!

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『Dimension W』、メインキャスト出演のスペシャルイベント開催
[20:39 8/24] ホビー
JR北海道、台風の被害状況を発表 - 石北本線・釧網本線を中心に土砂流入も
[20:37 8/24] ホビー
日産の想定を軽く超えた「新型セレナ」への期待値
[20:35 8/24] 経営・ビジネス
日産、新型セレナ発売イベント「プロパイロット」公道デビュー - 写真47枚
[20:24 8/24] ホビー
[松岡茉優]個性派ブラウス×赤のミモレ丈スカートで秋先取り
[20:14 8/24] エンタメ