【レポート】

明和電機の土佐社長と楽しむ、ナンセンス=マシーンズ展

1 手取り足取り、土佐社長と作るチワワ笛

 
  • <<
  • <

1/2

明和電機「ナンセンス=マシーンズ展」

11月3日から12月26日、新宿区にある東京オペラシティタワー4階のNTT インターコミュニケーション・センター(=ICC)で明和電機の「ナンセンス=マシーンズ展」が開催されている。

明和電機とは、ご存知の通り、1993年に土佐正道氏と信道氏の兄弟によって結成されたアートユニット。青い作業服を身にまとい、作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業スタイルでユニークな活動を展開してきた。兄の正道氏が代表取締役社長を、弟の信道氏が代表取締役副社長を務めていたが、その後、2001年に兄の正道氏が定年退職。そのため、弟の信道氏が社長に就任し、現在は信道氏がひとりで活動を続けている。

「まったく役にたたない機械大集合」というキャッチコピーのこの展覧会は、明和電機の歴史の中でも最大規模のもので、「魚器(NAKI)」シリーズ、「ツクバ(TSUKUBA)」シリーズ、「エーデルワイス(EDELWEISS)」シリーズなど、これまで明和電機が発表してきた作品の集大成とも呼べる内容となっている。作品展示のほかにも信道社長がゲストを招いて行う「お茶の間トーク」やワークショップ「社長とチワワ笛を作ろう!」など各種イベントも行われている。

さて、筆者自身は12月12日の「社長とチワワ笛を作ろう!」と「お茶の間トーク」に参加してきたので、今回はその様子を中心にレポートしたい(展示内容については後半で紹介)。

受講者達に自ら教える明和電機の土佐信道社長

チワワ笛。ちなみに余計なお世話であるが、筆者自身はチワワの鳴き声というよりもブタの鳴き声に近いと思った

まず、同日13時と16時の2回行われた「社長とチワワ笛を作ろう!」であるが、これはその名の通り、土佐信道社長が講師となって、事前登録した参加希望者と一緒に、"チワワ笛"なるものを作ろうというワークショップ。チワワ笛とは、厚紙やカラーボールで作ったチワワの形をしたおもちゃで、ストローとゴム風船で作ったブーブー笛を装着し、顔の部分にあたるカラーボールで空気を調整することによって、チワワが「ワンワン」と吠えているように聞こえるというもの。同席させていただいた12日は16時の部は、25人前後が参加。社長の指導の下、皆、楽しそうにチワワ笛の制作にいそしんでいた。また、会場の外には参加を希望したにもかかわらず抽選に外れたのか、ギャラリーの姿も数多く見られた。

受講者の材料ひとつひとつに糊スプレーをかける社長

できあがったチワワ笛。最後は全員でチワワ笛を吹いて終了

同ワークショップ開催にあたっては、「今回、エーデルワイスシリーズとして、本体のチューブに空気を送り込み、スイッチを押して空気の出入りを調整すると犬の鳴き声をする『ディンゴ』という作品を作ったのですが、ワークショップで何かをやりたいと思った時に、この作品と同じことをもっと簡単にやれないかなと思って考えついたのが、このチワワ笛なんです」(土佐社長)とのこと。

また、同日18時からは「お茶の間トーク」が開催された。展覧会開催期間中、全7回にわたり、さまざまなゲストが出演し、土佐社長とのトークを展開してきたが、6回目にあたる今回のゲストはさかなクンであった。会場にはイベント開始前から観客による大行列ができ、設置された客席はあっという間に埋まってしまった。立ち見客も大勢いて、会場は熱気で溢れていた。

会場にはイベント開始前から観客による大行列が

「"お茶の間トーク"は色々なジャンルの人からさまざまな話を聞いたり、聞かれたりしたいと思い、"徹子の部屋"や"さんまのまんま"をイメージして企画しました。知り合いや友達の中からジャンルが重ならないように人選をし、出演していただきました。今回のさかなクンは魚器(NAKI)シリーズつながりということで出演していただきました」(土佐社長)。

テーマは「さかなクン、魚器(NAKI)シリーズを語る」であったが、実際、2時間にも及んだトークは終始"さかな"について語り出したら止まらないハイテンションなさかなクンのペースで進んだ。途中、数分おきに炸裂するさかなクンのギャグに会場は爆笑の渦、一方、土佐社長はすっかりエネルギーを吸い取られているといった状況であった。また、今回、同展覧会で展示されている作品の数々をさかなクンが試してみるというシーンもあった。最後は、土佐社長がアコースティックギターを、さかなクンがサックスをそれぞれ手に持ち、一緒に「さかなクン! お絵かきマンボ」というCDに収録されている「青い海のある青い星」という曲をセッション。「ミュージシャンではない2人がICCという特異な場所で、セッションを行う非常にレアなイベント」(土佐社長)が繰り広げられる中、異常な盛り上がりのうちにトークイベントは幕を閉じた。

人間とは異なり、頭の両脇についた魚の目を疑似体験できるという作品「ウオノメ」を装着してみるさかなクン

アンコウやノコギリエイなど珍しいさかなをたくさん持ってきて、イラストを交えながら延々と解説してくれるさかなクン

客席参加によるクイズが行われたほか、社長とさかなクンによるセッションも

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 手取り足取り、土佐社長と作るチワワ笛
(2) 土佐社長が語る明和電機の「製品」


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア

求人情報