【レポート】

第38回東京モーターショー - 萌えるカーナビも登場間近か!?

平岡伸二  [2004/11/02]

第38回東京モータショーが明日3日から7日まで開催される。今年は「働くくるまと福祉車両」をテーマに、世界6ヶ国から113社が参加。展示やイベントを通じて「福祉」「安全」「環境」などへの取り組みを知ることができる。

2日プレスデーの模様をお届けしよう。各国のメーカが、さまざまな輸送用車両や福祉車両などを展示する中、トラックなどの輸送用車両は主に環境対応を中心に、ITSや安全性への取り組みを展示していた。

国土交通省

環境対応の点では、各社、PM(浮遊粒子状物質)がほとんど出ずNOx(窒素酸化物)も少ないDME(ジメチルエーテル)トラックやCNG(天然ガス)トラックなどの低公害燃料車や、モーター併用のハイブリッドトラックなど、次世代低公害車が展示されている。

国土交通省のブース

水素ロータリーエンジン

乗用車系ではMAZDAの水素ロータリーエンジンが実用間近な提案として展示されている。当初は安全性の問題から水素吸蔵合金方式を使った燃料タンクで開発を進めていたが、昨今の燃料電池開発の技術進歩などにより、安全性の高い水素タンクが普及してきたことから、現行車では一般的な水素タンクを使用している。すでに試乗レポートなどで報告されているように、ガソリンと水素を切り替えられるようになっている。エンジン本体はRX-8のロータリーエンジンと基本的に同じで、ローターハウジングに直噴用インジェクターを装備したもの。

水素ロータリーエンジン。左側が水素タンク、右側がガソリンタンク

RX-8

電動車椅子/シニアカー

福祉車両では各社のシニアカーなどに試乗することができる。写真のモデルは右側アームレストに取りつけられたジョイスティックのようなレバーで操作する。歩行に近い速度で走行するため、車に乗る方は、これらの車両を脅かさないよう気を配って運転していただきたい。

各社シニアカー

試乗可能。レバーで操作する

チョロQモーターズ

こちらはご存じの方も多いだろう、2002年に玩具メーカーのタカラから「Q-car」という名前で発売された電気自動車だ。乗車定員1名、最高速度50km/h、1充電あたりの走行距離は80km(30km/h時)で、価格は約125-157万円だ。

Q-car

GRAN TURISMO 4

さて、「働くくるま」とはちょっと違うが、PlayStation2用のゲーム「GRAN TURISMO 4」の体験コーナーが各誌記者に盛況だった。収録コースは50以上、80-90年代のスポーツカーを中心に80メーカー、650車種以上で、レースイベントもさらに充実、最新パーツでセッティング&チューニング可能、あらたにNOS(ニトロ)も採用されている。明日からは大人も子供も楽しめるコーナーとしてさらに盛り上がるだろう。

GRAN TURISMO 4 体験コーナー

萌えるカーナビも登場間近か!?

音声会話対応エージェントナビ「SA-TSU-KI」

地図情報で知られるゼンリンのブースでは、音声会話対応エージェントナビ「SA-TSU-KI」を展示していた。地図情報をベースにした音声認識による会話型のナビゲーションシステムで、サービス検索機能が売りだ。エージェントキャラクターの名前は「サツキ・メイ・リン」。身長158cm、体重42kg、スリーサイズは87、58、82cmで血液型はAB型、21歳だそうだ。この「サツキ」に「ねえ、お座敷があってクーポンが使える焼き肉やさんある?」などと語りかけると、音声認識エンジンが「座敷」「クーポン」「焼き肉」などに分解、サービスデータベースから店情報を、ゼンリンのサーバから地図情報を取得、「サツキ」が優しく至近のおすすめ店を教えてくれるというものだ。現在は、PC上での運用段階だが、カーナビへの搭載へ向けて開発中。自作キャラクターやスキン対応ならおもしろいだろう。

ゼンリンのコンパニオン。手にはキャラのサツキを持っている

ウインドーシールドディスプレイ/ドライバモニタリングシステム

デンソーからは、フロントガラス越しに見える景色に合わせてナビゲーション情報などを表示して運転を支援する「ウインドーシールドディスプレイ」と車載カメラでドライバーの顔をモニタリングして居眠りや脇見を検知する「ドライバモニタリングシステム」が展示されていた。

画像ではよく見えないが、実際には自動的に道路標識にルート案内が表示されている。

ドライバーの顔をモニタリングして居眠りや脇見を検知する

ランドクルーザー パリダカ 片山右京車

トヨタ車体からは「2005年パリ~ダカールラリー仕様」が展示。

すでに歴戦の痕跡があったりする。カラーリングモデルのようだ。

日野レンジャー パリダカ 菅原義正 車

こちらは日野レンジャー、菅原義正車だ。22年連続出場、17年連続完走を誇る。こちらも前輪アクスルのあたりに過酷な戦いの痕跡がうかがえる。コックピットは思いの外、市販車のイメージが残っている。

近くで見るとど迫力

コックピットはノーマル車全としている

巨大なトラックやそのエンジンなどの展示は圧巻だ。家族連れでも楽しめるよう、子供向けの遊び場やトミカなどの展示もある。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー

求人情報