【レビュー】

Athlon 64 FX-55とAthlon 64 4000+を試す

1 Athlon 64 4000+ = Athlon 64 FX-53?

  • <<
  • <

1/6

90nm SOIプロセスを使ったAthlon 64の登場の噂があちこちから聞こえてくる昨今であるが、それに先立ちハイエンドの2製品がAMDから登場した。FXシリーズの最高速製品であるAthlon 64 FX-55と、FX-53と事実上同じスペックであるAthlon 64 4000+である。ということで、早速実力を確認してみよう。

Photo1:Athlon 64 4000+(後述の様にFX-55のパッケージは撮影できなかった)

FX-55は遂に2.6GHz動作へ

今回発表された2製品は、共に0.13μm SOIプロセスを利用したSocket 939の製品である。Athlon 64 FX-55は2.6GHz、Athlon 64 4000+は2.4GHz動作で、どちらの製品も1MB L2キャッシュを搭載する。何のことはない、Athlon 64 4000+はこれまでAthlon 64 FX-53として販売されてきたものと同一のスペックという事になる。

さてこの2製品だが、それぞれのOPN(Ordering Part Number)は

  • Athlon 64 4000+ : ADA4000DEP5AS(Photo01)
  • Athlon 64 FX-53 : ADAFX53DEP5AS(参考)
  • Athlon 64 FX-55 : ADAFX55DEI5AS

となっている。OPNの意味はコチラに記した通りなので繰り返さないが、これを見るとAthlon 64 4000+とFX-53はどちらもRev.CGコアを使いVcoreは1.50V、Tcaseは70℃であることが判る。これに対し、Athlon 64 FX-55では同じRev.CGコアでVcoreは1.50Vのままながら、Tcaseの温度が異なっている事が判る。実はこのTcaseを示す"I"は63℃の意味である。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) Athlon 64 4000+ = Athlon 64 FX-53?
(2) FX-55のみ2.6GHz動作に到達
(3) ベンチマーク環境
(4) ベンチマーク結果(1)
(5) ベンチマーク結果(2)
(6) ベンチマーク結果(3)/考察

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事