【レポート】

photokina 2004 - 京セラが新製品2モデル、リコーからは……?

 

京セラがphotokina会場で、CONTAXブランドのデジタルカメラ2製品を展示。細長い、アクセサリのようなスタイルの「CONTAX i4R」と、従来の「Finecam SL400R」と同様の形状の「CONTAX U4R」の2製品。いずれも有効画素数400万画素CCDを搭載する。

CONTAXブランドの高級仕様のカメラが2つ

CONTAX i4Rは、フラッシュ一体型のレンズカバーを開くとレンズが現れる独特の形状で、本体カラーは3色。シルバーとチェリーはアルミ外装にヘアライン加工、ブラックはミラー加工が施されている。

CONTAX i4R。非常に小型軽量だが、質感はなかなか。レンズカバーを開くと起動する

レンズにはCarl Zeiss Tessar T*レンズを採用。35mm判換算で39mmの単焦点レンズで、F値はF2.8。1/2.5型有効400万画素CCD、画像処理エンジン「RTUNE」を搭載する。RTUNEを搭載したことで、3コマ/秒(AFなし)でメモリカードいっぱいまで高速連写、640×480・30fpsの動画撮影も可能。

本体背面。操作ボタンはシンプル。レンズカバーが背面液晶を保護する役目も担っている

液晶ディスプレイは1.5型13万画素のTFT液晶で、USB2.0接続のドッキングステーションが付属。充電とともにPCへの画像転送、TVへの出力が可能だ。

本体サイズは94(W)×38.5(H)×21(D)mm、90g。欧州では10月中旬の発売で、価格は398ユーロ。

CONTAX U4Rは、基本的にはFinecam SL400RのCONTAX版となる製品のようだ。レンズ部が回転するスイバル機構、RTUNE搭載による秒3.3コマの高速連写などの仕様は変わらない。

CONTAX U4R。U4RのUは「Unmistakable」(失敗しない)だそうだ。前面のパネルは、リリースによれば「kid」(子ヤギ)だという

しかし外観はマグネシウムの外装に手でなめされた革を使った高級なものに変更。カラーはブラック、キャメル、インディゴの3色を用意した。またレンズもCarl Zeiss Vario-Tessar T*を採用。レンズの焦点距離は38~115mm(35mm判換算時)、F値はF2.8~F4.7となっている。

本体上部。エッジには丸みが加えられている。SL400Rが厚み15mmだったので、多少厚くなっているようだ

スイバル機構は変更なし

i4Rと同様にUSB2.0接続のドッキングステーションも用意。充電、PCへの画像転送、TV出力などが可能。

本体サイズは102(W)×63.5(H)×19(D)mm、140g。欧州では10月初旬の発売で、価格は498ユーロ。

GR1のデジタル版が2005年に

リコーブースでは、ブースの奥にGR1のデジタル版を予告するパネルが展示されていた。GR1は1996年に登場。焦点距離28mm、F2.8のGRレンズを搭載し、広角レンズ・高い描写性能により、プロからも高い評価を受けてきた。

GR1がデジタルカメラに。1997年というのは欧州での発売年。国内は96年10月だった。「高い性能のGRレンズを備えた、賞を獲得したコンパクトカメラ」(GR1)、「次に期待するのは何?」という表現からも、ユーザーの要望をくみ取っていこうという姿勢が感じられる

今回のボードでは詳細が明らかにされておらず、ブースの説明員に聞いても、「現在意見を集めているところ」ということで、まだ仕様は固まっていないようだ。逆に「28mmをキープした方がいいか?」「光学ズームを搭載した方がいいか?」と聞かれてしまった。とはいえ、単焦点レンズにはならないという話だった。デジタルカメラでも早くから広角レンズを搭載してきたリコーだけに、GR1がどのような姿になるか、実際の登場を期待させる。

パネルからはデジタルカメラかどうかも分からないが、説明員はGR1のデジタルカメラバージョンだと話していた。2005年の登場については「確実」という返事だった。

それ以外では、「Caplio RX」「Caplio GX」「Caplio RZ1」といったデジタルカメラも展示。この中で目新しいのはRZ1で、有効画素数400万画素CCDに、焦点距離35~105mmの光学3倍ズームレンズを搭載。レリーズタイムラグ0.003秒という高速レスポンス、リコーお得意の1cmマクロなど充実したスペックを搭載。欧州では9月の発売で、価格は149.99ユーロ。

低価格、コンパクトなCaplio RZ1

ただ、ブースで聞いたところ、日本での発売は「おそらくない」とのこと。「日本市場で売るには低価格」というのがその理由だったが、6色のカラーバリエーションもあり、それほど悪くはないと思ったのだが。

Caplio GX

Caplio RX

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『少年メイド』、9/4イベントに向けた出演キャストのコメント紹介
[00:26 7/27] ホビー
「BanG Dream!」、2ndライブのタイトル決定! 2nd Sgの特典MVより追加カット
[00:06 7/27] ホビー
舞台「ダイヤのA」1&2の上映会、小澤廉ら出演のトークショー付き
[00:00 7/27] ホビー
[ガヴリールドロップアウト]「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ
[00:00 7/27] ホビー
デルが注力するのは2in1 - アルミボディで液晶360度回転の13.3型「New Inspiron 13 7000 2-in-1」
[00:00 7/27] パソコン