【ハウツー】

iPodの車載について考える - 高音質で簡単操作な車載キットって?

3 ice>Link:iPodについて考える

 

3/6

今回購入した「ice>Link:iPod」は、対応する車種とカーステレオ(ヘッドユニット)はかなり限定されるが、接続すればiPodを"あたかもCDチェンジャであるかのように"操作できるようになる。Peugeout 306 Breakの場合、ハンドル右下にあるステアリングリモコンでの操作が可能になるため、iPodのホイールに触れずに選曲することが可能になる。再生しながらの充電に対応しているのでバッテリ切れの心配もなくなり、ケーブルを利用した接続なのでFMトランスミッタと比べ音質の面でも有利だ。

「ice>Link:iPod」の内容物。左上に見えるクレードルにiPodを載せる

ただし、筆者のPeugeout 306 Breakの場合、1組しかない入力端子をice>Link:iPodが使うことになるため、既存のCDチェンジャとは併用できない※うえ、iPodの据え付け位置はヘッドユニット付近に限定されてしまう。
(※ : SONY製ヘッドユニットを搭載している場合、AUXセレクタ「XA-300」を利用すれば併用は可能かもしれない)

筆者が購入したのは第3/4世代iPod対応のDockコネクタ付クレードルが添付されたタイプ

クレードルに第4世代iPod(20GB)を載せたところ。背面に隙間があるので、付属のスペーサーを取り付ける必要がありそうだ

もう1つ、対応車種およびヘッドユニット(デッキ)の問題もある。メーカーの所在地が東欧のハンガリーという事情からか、日本車への対応がほとんど考慮されていないのだ。市販のソニー製ヘッドユニットを搭載している場合は例外的に接続できるようだが、念のため日本国内で販売にあたるCut & Pasteに確認してみたところ、「対応車種はwebに記載の通りです」との答え以外に有効な情報は得られなかった。残念ながら、対応車種以外に載せる試みはまったくお勧めできない状況だ。

この「ice>Link:iPodインターフェイス」をクレードルとヘッドユニットの間に取り付けることで、iPodがCDチェンジャとして振る舞うようになる(写真はSONY製ヘッドユニットに対応するタイプ)

3/6

インデックス

目次
(1) 車でiPodを楽しむための新兵器「ice>Link:iPod」
(2) iPodの車載について考える
(3) ice>Link:iPodについて考える
(4) ice>Link:iPodを取り付ける
(5) ice>Link:iPodを試す
(6) まとめ - 製品はいいが難易度高し

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー