【レビュー】

AMDのSocket 939ソリューションを試す

1 Socket 939のポジション

  • <<
  • <

1/8

今年6月のCOMPUTEX TAIPEI 2004で、AMDがSocket 939の新ソリューションを発表したことは既に報じられた通り である。既にこの939pinのAthlon 64やAthlon 64 FXは秋葉原などでも流通しており、またこれに対応したマザーボードも普通に入手できるようになっている。そういう意味ではちょっと時期を逸した感もあるレビューではあるが、このSocket 939のAthlon 64とAthlon 64 FXの実力を確認してみたのでご報告したい。

Socket939のポジション

すでに報じられた話であるが、一応再確認しておこう。AMDは従来、754pinのAthlon 64と940pinのAthlon 64 FXをリリースしていた。この940pinのAthlon 64 FX、実体はOpteronと同じもので、結果としてRegistered DIMMのみしか利用できず、これがコスト面やメモリ入手性でのネックになっていたわけだ。これに対し、今回投入される939pinでは、Unbuffered DIMMをサポートするようになり、Athlon 64とAthlon 64 FXのどちらもこの939pinに移行する形になっている。これにより、940pinはOpteronのみになっており、939pinが今後はAthlon 64という形になるようだ。一方Socket 754は引き続き製品が投入されるものの、こちらは今後製品が投入されるSempronに移行するものと見られている。

ただこの製品展開を行った結果、Athlon 64 FXとAthlon 64の境があいまいになってきている。一応L2キャッシュを1MB装備するものをAthlon 64 FX、512KBキャッシュのものをAthlon 64と分けているが、旧来のAthlon 64の中には1MBキャッシュを搭載したものがあるなど、非常に判りにくくなっている。

まず表1を見ていただきたい。色つきの部分が今回追加された3製品であるが、動作周波数とキャッシュサイズが重複するものが多く、非常に混乱を招きやすい。この混乱の最大の理由は、3200+と3400+が2種類のパッケージがあることだ。ところがここに、メモリバスが1chと2chの場合が加わってきて、順列組み合わせが更に複雑になってきている。実際、もう動作クロックを見ただけではモデルナンバーが推定できなくなっている状況であり、仮にモデルナンバーがなかったらユーザーは大混乱に陥りそうだ。

表1:Athlon 64のモデルナンバー
モデルナンバーパッケージ動作周波数メモリバスL2キャッシュサイズ
2800+754pin1800MHz1ch512KB
3000+754pin2000MHz1ch512KB
3200+754pin2000MHz1ch1MB
2200MHz1ch512KB
3400+754pin2200MHz1ch1MB
2400MHz1ch512KB
3500+939pin2200MHz2ch512KB
3700+754pin2400MHz1ch1MB
3800+939pin2400MHz2ch512KB

何でこんな混乱を招く製品ラインナップとしたかということに関して、AMDから明確な説明は今のところ無いが、考えられるのはYieldが(同社の発表とは裏腹に)相変わらず上がらないということだろう。Athlon 64で使われるSOIプロセスは、一般的にはこれを利用することで30%程度の高速化が実現できるとしている。ところが、AMDは非SOIの130nmプロセスで既に2.2GHzを達成しているにも関わらず、130nm SOIプロセスではやっと2.4GHzに達した状況で、それすら(130nmで2.2GHzを達成してから)1年以上も後の話である。

先の30%説が正しいとすれば、とっくに2.8GHzを突破して3GHz動作が見えてきてもおかしくない筈で、素人目にはいっそSOIを使わずに130nmプロセスのまま製造していたほうが良い結果になったのではないかと思われるほどだ。こうしてSpeed Yieldがさっぱり上がらないために、やむなくキャッシュサイズやメモリバスのチャネル数で差別化を図らねばならないというのが、まず1つ目の問題だ。

2つ目の問題はYield自体、つまり歩留まりが相変わらず低いまま推移していると考えられることだ。そう考えられる理由は、3200+と3400+が2種類の製品パッケージで出ていることだ。3200+/3400+はどちらもSocket 754だからメモリバスは1チャネルのままで、これを補うためにL2キャッシュを1MBとした構成にしているのは順当なアイディアである。ただそうなると、L2キャッシュが512KBのパッケージが存在する理由が考えにくい。可能性としてあるのは、SRAMのYieldが低く、1MBをフルに使えるダイがあまり多く取れない。このため、つかえる部分だけを生かした512KB構成とし、これによる性能の低下分をクロックを上げることで補っているという事だろう。つまり、こんな事をしなければいけないほどに、現状のYieldは低いのではないかと想像される。

ただ、今回Socket 939の登場で今後は多少判りやすくなると思われる。というのはSocket 939に関しては原則として1MBキャッシュを搭載する製品は全てAthlon 64 FXにポジショニングされるからで、Athlon 64は512KBに統一され、あとは動作周波数でモデルナンバーが変わる形になると見られるからだ。今後はL2キャッシュが1MBフルに取れる製品がAthlon 64 FXとなり、512KBのみのものがAthlon 64になる訳だ。ちなみに当初Athlon 64のバリューモデルは256KB L2キャッシュを持つという話もあったが、これはSempronとして登場するという可能性が高い。先のYieldの話に戻るが、中にはL2キャッシュに不具合が多く、512KBのエリアも取れないダイも当然あるわけで、そうなると256KBキャッシュとした製品を持つことは、Yieldを引き上げるためにも重要だからだ。

  • <<
  • <

1/8

インデックス

目次
(1) Socket 939のポジション
(2) 新パッケージ
(3) テスト環境
(4) ベンチマーク(1)
(5) ベンチマーク(2)
(6) ベンチマーク(3)
(7) ベンチマーク(4)
(8) 考察

もっと見る

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事