【レポート】

「まだ誰も手がけていない分野に先に進出」 MS古川氏が学生に望む姿

佐藤晃洋  [2004/03/30]

古川享氏

3月29~31日の3日間、早稲田大学大久保キャンパス(理工学部)において、マイクロソフト(日本法人)と早稲田大学の共催によるセキュリティ技術者向けの特別セミナー「Writing Secure Code」が開催されている。初日の29日、午前中には米Microsoftのバイスプレジデントであり、現在はマイクロソフトの最高技術責任者も務める古川享氏が登場、昨年11月にマイクロソフトと早稲田大学との間で覚書を交わしたことの目的や学生たちに望むことについて語ったほか、同社のセキュリティに対する取り組みについて紹介を行った。

ただセキュリティ関連の話題は、3月8日に行われた「Security Summit 2004」における講演の内容をなぞる程度にとどまったため、本稿ではそれ以外の部分をご紹介したい。

アスキーのソフト開発の鍵を握った一人の学生

まず古川氏は、自身のアスキー在籍時代を振り返り「初期の頃は大学との関わりが深かった」として、当時のソフトウェア開発にまつわる秘話を語った。

同氏がアスキーに入社して間もない頃、急遽CADソフトの開発を行わなければならないという仕事が持ち上がり、そこで当時高校を卒業して早大理工学部に入学したばかりのアルバイトの学生に「自分でハンダ付けしたマウスを渡して」(古川氏)ソフトを開発するように言ったところ、その学生は基本的な図面の描画が可能な上、拡大・縮小や回転などのデモまで動く試作品(もちろん試作品なのでバグはあったが……)をわずか5日間で作ってきたという。

この試作品が元になって誕生したのが、アスキーから発売され日本でのCADソフトの先駆け的存在となった「CANDY」で、その学生は発売後4年間で何と3億円ものロイヤリティーを稼ぎ、マンションを3つも買うほどになったとのこと。

ちなみにその学生は大学卒業後、NTT研究所で32bit CPUの設計などに携わった後、マイクロソフトの立ち上げ時に社員として参加。その後米国Microsoftに転籍して3年ほど前に同社を退社、現在は自分の会社を運営しているそうだ。そう、この話に出てくる学生とは、Windows 95/98/2000やInternet Explorer 3.0/4.0の開発においてチーフアーキテクトを務めた日本人として知る人ぞ知る、現在は米UIEvolutionのCEOを務める中島聡氏のことである。

古川氏はこの例を挙げ「世の中に素晴らしいものをデビューさせるきっかけを作ることを、自分の信条としてやって来た」と述べ、「今は個人的なお付き合いというよりは、会社としてインターンシップや学生向けコンテストなどを通じて学生との接点を作っていこうとしている」と語った。

Microsoftと日本の大学との関わりは?

昔話はさておき、現在のMicrosoftと日本の大学との関わりはどうなっているのだろうか。この点について古川氏は「現在全世界で、年間約7,500億円を費やしている研究開発費のうち、約15%を大学との共同研究に提供、特に日本ではユーザの意図の解析や音声言語処理などに力を入れている」と語り、その具体例として東京大学の中川裕志教授・黒橋禎夫助教授らのグループと共同開発した「話し言葉によるサポート技術情報検索」を挙げた。

世界における大学との協力関係について

「話し言葉によるサポート技術情報検索」の概要

また共同研究以外の学生対象のプログラムとしては、インターンシッププログラムや、同社が世界規模で実施している学生対象のソフトウェア開発コンテスト「Imagine Cup」への日本代表の派遣、読売新聞社が主催する「日本学生科学賞」への協賛などを同氏は挙げ、「日本からビル・ゲイツを超える人材を出す意気込み」「単なる共同研究やインターンシップにとどまらず、(学生とマイクロソフトが)相互に刺激しあう関係で、社会全体に生きる人材を育てたい」「(学生に)うちの会社に入ってなんてことは言わない」と語った。

また早大との提携においては、今回のセミナーに関して「全国に募集をかければ1,000人や2,000人は軽く集まるような内容」と述べたほか、セミナーに早大の学生が約40名参加していることに関連して「Secureなコードを書くことに関しては、日本の学生の中で初めての40人になる」と今回のセミナーの凄さを強調。さらにこの4月から理工学部において「オペレーティングシステム実装論」など4つの講座を学生向けに提供することについて「講義の中ではMicrosoftの名前は全く出てこないかもしれない」「20~30年前の昔話を聞かされる(ような内容の講義)よりは、今を肌で感じられるし、この内容で9単位ももらえるなんてお得」と述べ、学生にも今回の提携が大きなメリットをもたらすことを訴えていた。

日本での学術分野との協業体制について

早大との具体的な提携内容

「1万人がやっていることと同じことをやって欲しくない」

ここで話は再び古川氏の昔話に戻り、同氏は「僕は大学を3浪しており、いわゆる世間のレールに乗ったままなら完全に周回遅れだし、(当時主流だった)COBOLやFORTRANをやったところで手遅れだった」と学生時代を振り返る。

そこで『誰もやっていないことをやれば第一人者になれる』と考え米国に渡り、CSULAなどで当時のARPAnetなどに触れハッキングをやりながらネットワークの可能性を知ったこと、結局米国でも大学を中退して23歳でアスキーに入社した時のことなどを語りつつ「入社1年後には副編集長、2年後にはアスキーマイクロソフトの副社長、それで32歳で(マイクロソフトの)社長、37歳で会長になったけど、人と同じことをやっていたらこうはなれなかった」と述べ、学生に「1万人がやっていることと同じことをやって欲しくない」と自分独自の道を歩むよう訴えた。

また同氏は、参加者の多くが情報系の学生ということを踏まえて「この中からMicrosoftを打ちのめすやつが出てきて欲しい」「情報系の学生たるもの、(Linuxカーネルの)ソースコードを見たこともないのに『Linuxはかっこいい』とか言わないで欲しい」と語った。

さらに、学生が自分の技量を高めて行く際の目標として「まだ誰も手がけていない分野に先に進出し、そこでMicrosoftに勝つ」、もしくは「Microsoftに入って、中からMicrosoftを変える」といったことを意識して欲しいと述べ、その際のポイントとして「セキュリティ技術者が世界的に不足していることを考えると、セキュリティは重要な要素となる」と語っていた。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

橋本マナミ、堀北真希の早すぎる妊娠報道に「芸能人の宿命。しょうがない」
[11:47 6/26] エンタメ
たけし、舛添氏に退職金&ボーナスの返金要求「少し返せよ」
[11:15 6/26] エンタメ
爆問・太田、高知容疑者は「最近のニュース全部1人でやっちゃった」
[11:05 6/26] エンタメ
【ハウツー】知らない番号からの着信、いい対処策は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[11:00 6/26] 携帯
無駄遣いだと自覚している出費は? - 「飼っていないのに犬の餌」という人も
[11:00 6/26] マネー

求人情報