働き方改革特集 働き方改革 進んでいますか? ITで実現させるワークスタイル変革!自動化システム/BYODの上手な活用法/セキュリティ対策

マイナビニュースでは「働き方改革」に取り組んでいる企業を応援する各社のITソリューションを特集しました。 自動化システム、BYODの活用法、セキュリティ対策など、山積している課題を解決する最適なソリューションを見つてください。
「労働環境を改善して生産性を高めたい!」「利便性と安心性を両立させたい!」など本気で働き方改革に取り組まれている方は、本特集を是非参考にしてください。

(マイナビニュース広告企画:提供 パスロジ,Kofax Japan,BlackBerry)

パスロジ株式会社(PR)

パスロジ記事

佐々木俊尚氏に聞く! 次世代のワークスタイル実現に必要なものとは(1)クラウド&モバイル時代のワークスタイルを邪魔するアクセスの不便さ

「ワークスタイル変革」や「ワークライフバランス」といった言葉が、企業の競争力と社員の働きやすさの双方を実現するキーワードとして注目されている。しかし、いつでも誰でもどこからでも仕事ができるようにするには、安心と安全の担保も絶対に欠かせない。そこで本企画では、企業とITの関わりに詳しいジャーナリストの佐々木 俊尚氏に話を聞いてみた...

Kofax Japan株式会社(PR)

Kofax Japan記事

今さら聞けない「RPA」の基本(1)RPAとはどんなもの? その役割と効果とは

競争力を維持、強化、人的負担の軽減、高齢化による生産年齢人口の減少という問題もすぐ近くまで迫ってきている。こうした状況を乗りきる一つの手段として、いま注目を集めているのが、RPA(Robotic Process Automation;ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。RPAとは具体的にどんなもので、どんな効果をもたらすのか? 導入の方法は? ―― いま企業が押さえておくべきRPAの基礎を、Kofax Japan(以下、Kofax)に解説してもらった...

BlackBerry(PR)

BlackBerry記事

伊藤忠商事が採用! 働き方改革のためのBYODモバイルソリューションとは

オフィスで働く時間だけでなく、外出時の隙間時間を活用することで、業務の効率化を進める企業も多い。本稿では、2014年から「朝型勤務制度」を導入するなど、働き方改革への積極的な取り組みで有名な伊藤忠商事が、BYODによるモバイル導入やグループウェア連携、自社開発アプリの配信により、モバイルワークを推進した事例を紹介する...

ウイングアーク1st株式会社 (PR)

BlackBerry記事

「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

自動化の技術として注目を集めているのが、認知技術を活用しおもに事務作業などのホワイトカラーの業務を効率化・自動化する「RPA(Robotic Process Automation)」という仕組みである。たしかにRPAはデジタルデータを扱う定型作業の効率化に大きな力を発揮してくれる。ただ、作業工程の中にわずかでもアナログな要素が必須になると、対応が難しくなってしまうのも事実......

日本電気株式会社(PR)

BlackBerry記事

VersaPro UltraLite タイプVGを選ぶ理由(1) ワークスタイル変革はスキマ時間の活用にアリ!

ワークライフバランスの改善を目指した就労環境と働き方への取り組みのためには、今や仕事に欠かせないPCの環境を整備しなければ変革は難しい。社員の働き方を変えるためにはどのようなPCが必要になるのだろうか。とあるIT企業での働き方から考えていこう。

参考記事

マネージャーが成功のカギを握る!? 生産性向上を目指す日本オラクルの「働き方改革」とは?

昨年10月、ワークスタイルの変革を目指し、東京本社にカフェテリア型の社員食堂「デジタルカフェテリア」を新設した日本オラクル。同社は2016年には「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」を受賞している。本稿では、同社における働き方改革の取り組みについてお届けする。

参考記事

35000人の社員が利用する富士通の「テレワーク勤務制度」とは?

富士通は、4月から全社員を対象とした「テレワーク勤務制度」をスタートさせた。これは、仮想デスクトップやグローバルコミュニケーション基盤などのICTを活用することで、在宅勤務だけでなく出張中やサテライトオフィスでの勤務、移動中の業務遂行を可能にし、場所にとらわれないフレキシブルな働き方を可能にするものだ。

参考記事

イノベーションを起こす企業風土をつくるポイント - 150の事例から得た知見

内田洋行は6月13日と14日の2日間、東京本社のユビキタス協創広場 CANVASにおいて、働き方変革を実施する企業向けのイベント「チェンジ・ワーキングフォーラム 2017」を開催。初日の13日には、内田洋行 執行役員 知的生産性研究所 所長 平山信彦氏が、「働き方変革とイノベーション」 と題して、150社の変革事例をもとに、コンサルタントの視点で、どのように企業が働き方変革を進めていけばよいかを解説した。

参考記事

実証実験で退職者を80%的中! AIで働き方改革の課題を浮き彫りにするTISの「HRアセスメントサービス」

日本では現在、国を挙げて「働き方改革」が進められているが、「どこから手をつけてよいかわからない」という企業も多いようだ。そうしたなか、TISは今年4月、自社の人事関連データを用いた実証実験に基づくAI活用で働き方改革の推進を支援する「HRアセスメントサービス」を提供開始。本稿では、同社の実証実験の結果と同サービスについて紹介する。

参考記事

テレワークマネジメント 田澤氏が語る、テレワークの課題と解決策

テレワークマネジメントの代表取締役である田澤由利氏は、早くからテレワークに取り組んできた一人だ。現在はテレワークに関する普及啓発や導入支援、ビジネス提案、政策提言などを精力的に行っている。

参考記事

日本マイクロソフト、「働き方改革推進会社ネットワーク」を7月から開始

日本マイクロソフトは4月17日、同社の働き方改革に関する最新の取り組みについて説明。この中で日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野拓也氏は、7月から「働き方改革推進会社ネットワーク」(仮称)を新たに設置し、日本社会に働き方改革のムーブメントを起こしていくと語った。

参考記事

情報サービス産業協会が「働き方改革宣言」 - 時間外を20時間以内へ

情報サービス産業協会(JISA)は4月6日、「働き方改革宣言」を発表した。同協会は業界に働く人すべてに「ワクワク」をもたらすとともに、人に優しい未来社会を実現するものとして働き方改革を捉え、これを実践することを宣言したとしている。

参考記事

三井住友海上火災、4月より19時前退社ルールを開始

三井住友海上火災保険は3月31日、4月から働き方改革の一環として、全社員を対象とする「19時前退社ルール」を開始すると発表した。これにより、やむを得ない理由がある場合を除き、19時までの退社を徹底するという。

参考記事

日立が働き方改革で労使合意 - 利用回数制限なしの在宅勤務など推進

日立製作所は3月5日、2017年春季交渉において、真の働き方改革に向け、「意識改革」、AIやITを活用した「柔軟な働き方の推進」、「業務改革」、「健康経営の実現」などを柱とする施策を従業員一丸となって推進していくことに労使で合意したと発表した。

参考記事

富士通、全社員を対象に自宅勤務制度導入 - サテライトオフィスも整備

富士通は2月28日、4月21日から全社員約35,000人を対象に、オフィスに出社せず、自宅やサテライトオフィスでの勤務を可能にする「テレワーク勤務制度」導入することを発表するとともに、同社のICTを活用した働き改革について説明した。

働き方改革

編集企画特集 - 働き方改革をどう進めていくのか

政府主導で進められている働き方改革だが、実際にどこから手をつければいいのかわからないと悩んでいる企業も多い。そこで、先行事例や専門家のアドバイスを紹介する。今後、取り組む施策の参考になれば幸いだ。

個人情報の取り扱いについて・著作権と転載について
[PR]提供:パスロジ,Kofax Japan,BlackBerry
Copyright (C) マイナビ