日本発のソフトウェアを世界へ!MIJSコンソーシアム、会員企業の魅力を一挙紹介

日本発のソフトウェアを世界へ!MIJSコンソーシアム、会員企業の魅力を一挙紹介

「日本発のソフトウェアを世界へ」をテーマに、志を同じくする企業が集う「MIJS(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア)コンソーシアム」(以下、MIJS)。設立は2006年、はやくも結成10周年が見えてきた歴史ある団体だ。日本の鉄鋼や家電、自動車など、海外で成功している産業に続いて、ソフトウェア業界も海外進出できるよう、企業の枠を超えて集い、相互連携してナショナルブランドを確立していくことを趣旨としている。

これまでも日本の有力ソフトウェアベンダーが集まり相互連携をしながら、国内外のビジネス基盤を強化してきた実績があり、セミナーやメンバー企業による展示会など、活動はさらに活発化している。今後も精力的な活動を続けることで、IT業界全体を牽引する力強い日本企業を数多く輩出していくはずだ。

今回は、システムインテグレータ、インフォファーム、エイジア、ナレッジスイート、トランザクト、システムエグゼ、ティエスエスリンク、ネクスウェイ、日本システムデザイン、コクヨ、といったMIJSに参画している企業の製品やサービスを紹介しよう。マーケティングや経営力の強化、世界市場に向けた課題などに取り組んでいる企業は、ぜひ一度ご覧になっていただきたい。

MIJS企業 一括ダウンロード

MIJS参画企業の魅力を一挙公開! 日本発ソフトウェアの課題と未来を考える

この数年IT 業界を大きく変革させた「クラウドサービス」の台頭以降、いち早く「マーケティング」という概念に着目した、MIJS マーケティング委員会 委員長の稲葉雄一氏(ナレッジスイート株式会社 代表取締役社長 兼CEO)と、副委員長 鈴木敏秀氏(株式会社システムインテグレータ 取締役 Object Browser 事業部 事業部長)の二人に、日本産ソフトウェアについて、さらにはMIJSの今後を語ってもらった。MIJSのキーマン2人の対談から見える、日本のソフトウェア業界の展望はどのようなものなのだろうか。

MIJS企業 個別ダウンロード

■ システムインテグレータ - 「SI Object Browser PM」

プロジェクトマネジメントの失敗はなぜ起こるのか? - その道のプロが語る赤字の原因と解決策

コストやスケジュール、要員や品質など、さまざまな要素を調整しプロジェクトを成功に導いていく「プロジェクト管理」は、企業にとって重要なテーマといえる。プロジェクトが失敗に終わるケースにはさまざまな原因が考えられるが、その成否を決める要素として、プロジェクト管理に用いるツールも重要だ。

■ インフォファーム - 「戦略箱ADVANCED」

驚異の定着率90%以上! "和の心"を取り入れたCRM/SFAとは

CRM/SFAの企業定着率は20%程度といわれている中で、90%以上という驚異の定着率を誇るのが株式会社インフォファームが提供する「戦略箱ADVANCED」。同ツールは、"和の心"と表現される、コミュニケーションを活性化させたいという思想を元に、あくまでも入力する営業スタッフが恩恵を受けることができたうえで、会社の知恵を集め、そこから顧客に最適案を出すという考え方を形にしている。

■ エイジア - 「WEBCAS Auto Relations」

今すぐ実践できる30の鉄板施策! エイジアが提唱するマーケティングに必須なメール活用術

現在、ビジネスではマーケティングの重要性が再認識されている。しかし、効果的なメール配信ができないまま、マーケティングオートメーションツールを導入しようと考える企業も多い。そこで紹介したいのが、詳細なデータ分析を必要としないシンプルな設計、かつ確実な成果につなげたいというニーズに応えたエイジアのマーケティングソリューション「WEBCAS Auto Relations」だ。

■ ナレッジスイート - 「DRS」

「獲得した顧客情報(リード)が使えない」を解消! 自動で情報の価値を高めるそのソリューションの実態は

多くの企業が、Web問い合わせフォームや展示会、セミナー、広告などで見込み顧客情報(リード)を獲得している。これは、獲得したリードを使って、営業活動を効率化するのが狙いだ。しかし、獲得したリードにはごく簡単な情報しか含まれておらず、これだけでは営業活動に使うことができないのが実情だ。そのため、営業部員が企業Webサイト等を調査し、必要な情報を取得しているケースがほとんどだが、その負荷は非常に大きく、営業活動の妨げになっている。

■ ナレッジスイート - 「GEOCRM」

地図で顧客管理できる「GEOCRM」! 医療、自動車、交通など多業界から注目される理由とは

営業活動の効率化は、企業共通の課題だ。そのために顧客管理システムや営業支援システムの導入を進めている企業も多い。しかし、これらのシステムを導入しても、蓄積したデータをうまく利活用できないという課題を持つ企業も少なくない。そんな企業で注目を集めているのが、ナレッジスイートの「GEOCRM」だ。同ツールは、営業部員がスマートデバイスで活きた顧客カルテを作成し、そのデータをさまざまな角度から分析するためのシステム。営業部員に役立つ情報提供や、営業部員の行動管理などの機能を備え、企業の営業活動を強力に支援する。

■ トランザクト - 「TransFax」

国内2,000社以上導入! 1時間1万件の処理能力と世界最大級のFAXネットワークを誇るクラウド型FAXソリューション

FAXによる企業間取引の需要は依然として根強く残っており、一般的な企業でも10%、製造業や卸売業では20~30%ほどが、いまだに送受信を手作業で行っているという。そのためFAX専用のサーバを自社で構築するケースも多いが、災害時やトラブルを想定した冗長化対策は必要不可欠であり、導入・運用や保守にかかるコストは企業にとって大きな負担となっている。

■ システムエグゼ - 「クラウドワープ」

クラウド化で悩む企業に朗報! インフラ整備から運用保守まですべてをワンストップで提供 - クラウドワープ

現在、企業のITシステムのクラウド化が活発になっているが、自社のシステムをどのように移行するかという課題に悩まされている企業は少なくない。そこで、株式会社システムエグゼでは、自社のシステムをクラウドに移行したいと考えている企業に対し、「クラウドワープ」というソリューションを提供。リリース後3年で、すでに業種を問わず数多くの導入実績がある。

■ システムエグゼ - 「EXEX(エグゼクス)生産管理」

従来品とはナニが違う? 6カ国語対応の生産管理システムで業務はどう見える化できるのか

現在、海外へ進出する企業が増えているが、生産効率の把握のしづらさや生産性向上の難しさが大きな課題になっている。海外では文化や商習慣など、日本とは大きく違う部分が多々あり、生産管理という面では把握しきれない部分があるのが実情だ。そんな中、株式会社システムエグゼがクラウドで提供する「EXEX(エグゼクス)生産管理」が注目を浴びている。

■ ティエスエスリンク - 「コプリガード」

情報漏えい対策は暗号化やUSBデバイス制御だけでは不十分!! コピーや印刷の制御が不可欠

現在、多くの企業がセキュリティ対策に取り組んでいるが、それにも関わらず情報漏えいに関する事故は頻繁に発生している。このリスクを低減させるには、単一のセキュリティソリューションに頼るのではなく、必要な個所に適切なセキュリティソリューションを導入する「多重防御」が必要だ。

■ ティエスエスリンク - 「Pirates Busterfor Active WebPage」

「印刷」「画面キャプチャ」等、見落としがちなセキュリティホールはブラウザに! AWPで既存環境そのままの情報漏えい対策

ここ数年、業務システムのWeb化が進んでいる。しかし、実はこのやり方には、大きな穴がある。Webアプリケーションは、パソコンのブラウザでの使用が前提となっているため、ブラウザの機能として提供されている「印刷」や「ダウンロード」、パソコンの機能として提供されている「画面キャプチャ」や「プリントスクリーン」には特に制限がない。そのため、そこから情報が漏えいするリスクは大いにあり、有効な手が打たれていないのが実情だ。

■ ネクスウェイ - 「店舗matic」

一対多のコミュニケーションにおける落とし穴を解決、多店舗運営企業に情報共有の"術"を伝授

多店舗を運営する企業は、そもそも構造的な課題を抱えている。本部と店舗が一対多の関係性になるからだ。例えば、本部から指示をメールで伝えたとしても、店舗側に内容が伝わっているか、きちんと実践しているかを確認するのは難しい。こうした一対多のコミュニケーションで起こりやすい落とし穴は数多くあり、結果として業績に影響を与えてしまうことも多いのが実情なのだ。

■ 日本システムデザイン - 「マッチングコーディネータ」

人材マッチングの属人化脱却、Salesforce上で人と案件を強く結びつけるツールとは

希望の会社に勤めたい人と、より良い人材を求めている企業。成長著しい人材紹介/派遣業では、両者がお互いに持っているニーズがかみ合う、より高い精度のマッチングを希望するケースが増えている。しかし、マッチング業務はコーディネーターが求人票と経歴書を相互に見比べ、手作業によって選別しているのが実情だ。そのため属人化が進んでおり、業務の標準化やノウハウの継承を可能とする仕組み作りが急がれている。

■ コクヨ - 「CamiApp S(キャミアップ エス)」

「紙に手書きしデータ化」進まない介護現場のIT化にコクヨはどうやって光明を見いだしたのか

介護業界全体が抱える課題として、より質の高い介護を実践し、労働生産性を上げるためにも、事業所内だけでなく他社のヘルパーや医療機関との情報共有に向けたIT化は必要不可欠となっている。しかし、在宅介護の業務や運用方法にほとんどメスは入っておらず、いざ導入となっても二の足を踏む事業所も多く、まだまだ検証すら不十分なのが現状だ。

(マイナビニュース広告企画:提供 MIJS、システムインテグレータ、インフォファーム、エイジア、ナレッジスイート、
トランザクト、システムエグゼ、ティエスエスリンク、ネクスウェイ、日本システムデザイン、コクヨ)