部品情報検索システム「PARTsolutions」

会計・人事給与ソリューション|SuperStream-NXシリーズ 徹底解剖

製造業にとって常に大きな課題となるのが、部品検索作業の負担を減らしコストを抑制することだ。たとえ部品一つを新たに設計するだけでも、ライフサイクルの観点からみれば、設計や製造部門だけでなく、社内の各部門に影響し、決して無視できないほどのコストが発生してしまう。
このような課題を解決するのがキャデナス・ウェブ・ツー・キャドの部品情報検索システム「PARTsolutions」だ。本ページでは効率的な“パーツマネジメント”を実現する同製品の記事をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみて欲しい。

(マイナビニュース広告企画:提供 キャデナス・ウェブ・ツー・キャド)


導入事例記事一覧

グローバル・プレイヤーのトップ1000社の154社が選んだ部品情報検索システム「PARTsolutions」の秘密とは?

製造業にとって常に大きな課題となるのが、製品に使用される部品の管理とそのコストの抑制だ。たとえ部品一つを新たに設計するだけでも、ライフサイクルの観点からみれば、設計や製造部門だけでなく、社内の各部門に影響し、決して無視できないほどのコストが発生してしまう…

設計者の部品検索作業の負担を大幅に減らし部品標準化をすすめる、「PARTsolutions」の注目すべき高度な検索機能

設計業務において、部品を設計する際1日にどれくらいの時間を“検索”に費やしているのだろうか? ネットで検索している時間、ドキュメントをファイルから探している時間など、検索自体に時間を割かれているのではないか。設計業務において、部品を検索する作業は決して本業ではないが、しかし、探すのに時間がかかるからといって新たに部品を設計していては、他の部署にコスト面でも大きな負担を強いることになってしまう…

設計と購買の壁をなくす部品情報検索システムとは?

ここは、とある設備装置メーカーの設計現場。ちょうど開発中の製品の設計作業が一段落したところで、設計部門の吉田さんと購買部門の鈴木さんがやり取りをしています。部品調達のことについてのようですが、何やら少しもめているようです。このやりとりを通じて、部品管理をめぐる設計部門と購買部門間のコミュニケーションの課題、コスト削減の問題、作業の効率化等々、会社が抱えている様々な問題が見えてきます。

【お問い合わせ】
キャデナス・ウェブ・ツー・キャド
お問い合わせはこちら info@cadenas.co.jp