「Parallels Desktop」誕生8周年記念キャンペーン――特別企画 8年間の変遷を振り返る

「Parallels Desktop」誕生8周年記念キャンペーン――特別企画 8年間の変遷を振り返る

誕生から8周年を迎えた「Parallels Desktop」

Mac上でWindowsを動かそうという際、米Appleが提供しているソフトウェア「Boot Camp」を用いる方法が挙げられる。しかし、Mac OSとWindowsを切り替える際に、毎回再起動が必要なのを面倒に感じたことはないだろうか。この常識を打ち破り、Windows用プログラムと Mac OS Xのアプリケーションを同時に実行できる優れモノが、パラレルスの「Parallels Desktop for Mac」だ。

Parallels Desktop for Macは、Macユーザーからの熱烈な支持を受けてスタンダード化し、2013年9月にはMac OS X 10.9 Mavericksに対応した最新版「Parallels Desktop 9 for Mac」が登場。そして2014年6月で同製品が誕生8周年を迎えることから、パラレルスでは6月16日~30日にかけて、Parallels Desktop 9 for Macが25%オフで購入できる期間限定の特別キャンペーンを実施する。

●キャンペーン期間:6月16日(月)~6月30日(月)
●キャンペーン対象店
【販売店店頭】ヨドバシカメラビックカメラノジマ
【オンライン】Apple Storeact2 ストアParallels オンラインストア

マイナビニュースではこれを機に、改めてParallels Desktop for Macの8年間の変遷と、最新版の魅力について紐解いていきたい。

2006年に発売された最初の製品の画面

絶え間ないイノベーションが生んだ8年間の軌跡

Parallels Desktop for Macが8年もの長きにわたり愛され、ユーザーを増やし続けた背景には、絶え間ないイノベーションがある。時代の流れとユーザーニーズの変化に応じて、常に最新の機能を提供してきたからこそ、ここまでスタンダードな存在になり得たのだ。それではここから、Parallels Desktop for Macの変遷について見ていこう。

2006 Intelベースの Mac発売時における最初の Mac用デスクトップ 仮想化製品,2007 Coherence(コヒーレンス)モードの実装 - Macと Windows OSの並列利用から統合利用へ...
   

Parallels Desktopは年々、イノベーションを続けてきたのである

MacとWindowsの統合利用にいち早く着手

2006年、米Intel製CPUを搭載したMacが産声を上げ、Mac上でWindows XP SP2が動作可能になった記念すべき年に、Parallels Desktop for Macは最初のMac用デスクトップ仮想化製品として誕生した。2007年10月発売のMac OS X v10.5 Leopardでは、Boot Campが標準機能として搭載されたが、Parallels Desktop for Macはこの頃すでに「Coherenceモード」を実装。Mac OS Xの画面上にWindows用アプリケーションのウィンドウとスタートメニューを表示し、統合利用を実現していたのである。そして2008年にスピードとパフォーマンスの改善が行われ、2009年にはWindows PCで作成したデータや作業環境を簡単にMacへ移行できる「Parallels Desktop Switch to Mac Edition 」も登場した。

加速するモバイル連携のニーズにも対応

2010年、Mac上のWindows仮想マシンにiOSデバイスからアクセスできる「Parallels Mobileアプリケーション」が登場。2011年には、7月に発売されたMac OS X Lionの機能がWindowsプログラムでも利用可能に。2012年にはOS X Mountain Lion、そしてRetinaディスプレイとWindows 8 Consumer Previewをサポートした。

Parallels Desktop 9 for Mac
Boot Camp環境をParallels Desktopから利用することも可能

最新版「Parallels Desktop 9 for Mac」
の注目ポイントは?

2013年8月29日にアップグレード版が、9月6日に新規パッケージ版が発売されたParallels Desktop 9 for Macでは、Windows 8.1およびMac OS X 10.9 Mavericksのサポートに加えて、40%ものパフォーマンス向上を実現。iCloud/Dropbox/Google Drive/SkyDriveなど各種クラウドサービスに対応したほか、ThunderboltとFireWireストレージデバイスをサポートすることで、より利便性が向上した。そのほか、1画面でセキュリティソフトのインストール状況を一元管理できるセキュリティセンター、セットアップが容易になった仮想マシンウィザード、Power Nap機能のサポートなども特徴となっている。

8周年を迎えたParallels Desktopで、快適なMacライフを手に入れよう

8周年記念キャンペーンでお得に
「Parallels Desktop 9 for Mac」をゲット!

冒頭でも触れた通り、これだけ充実した機能を備える「Parallels Desktop 9 for Mac」が、6月16日~30日にかけて25%オフで購入できるのはMacユーザーとして嬉しい限り。ヨドバシカメラ/ビックカメラ/ノジマの各販売店店頭に加え、オンラインでもApple Store/act2 ストア/Parallels オンラインストアがキャンペーン対象店となっているので、気になる方はこれを機にぜひゲットしていただきたい。

【参考】
「Parallels Desktop 9 for Mac」詳細なレビュー記事
「Parallels Access for iPad 1.1」詳細なレビュー記事

人気記事

一覧