マイナビニュース Business Conference 2014 開催決定!

2014年、ビジネスを加速させる手がかりがここにある!
2014年3月11(火)、「Business Conference 2014 -スマートデバイス活用で加速する企業の新成長戦略-」が開催された。
本カンファレンスでは、「セキュリティ」「ワークスタイル変革」「クラウド活用」「インフラ環境構築」の4種の観点に大別し、スマートデバイスのビジネス活用のノウハウを蓄積した先駆企業による講演が行われた。企業が抱える「スマートデバイスを本格的に導入したい」「今、活用しているソリューションを見直したい」といった数々の課題や悩みに対する解決の糸口が、特別講演の元ソニーCEOである出井氏をはじめ、各講演企業により披露された。
本特設ページでは、当日のレポートPDFや講演資料を無償で提供しているため、この機会にぜひダウンロードしてみてはいかがだろうか。

講演企業別ダウンロード一覧

Categoly:セキュリティ

『「マルウェア対策」スマートデバイスに求められるセキュリティ「4つのポイント」』

本富顕弘

より高度化、凶悪化したインターネット上の脅威が、企業にとって深刻なセキュリティリスクとなりつつある。こうした脅威への対応は、企業での利用が広がるスマートデバイスにも必要だ。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの本富顕弘氏は、今日のビジネスで求められるスマートデバイスのセキュリティ対策のポイントを解説した。

チェック・ポイント・ソフトウェア・
テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長
本富顕弘氏

Categoly:ワークスタイル変革

本格普及期に突入したスマートデバイス企業導入を成功させる秘訣とは

垂見智真

タブレットの企業利用が本格化し始めたが、すべての企業が導入に成功するわけではない。以前から多くの企業がタブレットの業務活用に取り組んできたが、端末側のOSが普及の妨げとなっていた。しかし、Windowsを採用したタブレット製品の登場により状況は一変する。レノボ・ジャパンの垂見氏は、導入を成功させるためのポイントについて解説した。

レノボ・ジャパン株式会社 マーケティング本部
エンタープライズ・マーケティング マネージャー
垂見智真氏

Categoly:インフラ環境構築

数年先を見据えた企業内無線LANインフラを

池田豊

スマートデバイス時代に突入しつつある現在、企業内の無線LANインフラには、かつて考えられなかったほどのトラフィックが集中するようになり、多種多様な通信が行われるようになってきている。これからのスマートデバイス時代、この無線LANインフラにはどのような要件が求められ、どのような構成が妥当となるのか。


アルバネットワークス株式会社
システムエンジニアリング部 コンサルティングエンジニア
池田豊氏

Categoly:セキュリティ

スマートデバイスを利用した セキュアで効率的なワークスタイル変革

林田光弘

ICT(情報通信技術)によるワークスタイル変革の実現のためには、既存の社内システムをスマートデバイスからいかにセキュアに活用できるかがポイントとなる。富士通ネットワークソリューションズの林田氏は、セキュリティと利便性を両立してスマートデバイス活用を実現する方法を解説した。


富士通ネットワークソリューションズ株式会社
ビジネス推進本部 ソリューション推進統括部
担当課長
林田光弘氏

Categoly:クラウド活用

スマートデバイスを根付かせる"3つ"の秘訣 - ITで経営課題解決を支援する

栗木楽

スマートデバイスの業務利用を軌道に乗せるのは困難だ。業務アプリをせっかく開発したものの、使い勝手や機能の低さから、最終的に使われなくなることも多い。では、果たしてどうすればタブレットを現場に根づかせることができるのか。ドリーム・アーツの栗木氏が、タブレットが現場に浸透しにくい理由と、活用に向けた3つのポイントを解説。

株式会社ドリーム・アーツ
ICO企画推進本部 BaaS事業1部
部長
栗木楽氏

Categoly:インフラ環境構築

どのようなテクノロジーを用いるにしても通信のトラフィックの最適化が重要

中島 幹太

スマートデバイス時代の通信においては、距離に伴う通信の遅延がネックとなってくる。距離による遅延の問題は、どれだけ帯域幅のある回線を用いても単純には解消されず、改善には限界があることをご存じだろうか。リバーベッドテクノロジー株式会社の中島氏はアプリケーション高速化について解説した。


リバーベッドテクノロジー株式会社
Technical Alliance Development Manager SP/SI, Japan
中島幹太氏

Categoly:セキュリティ

セキュアでシンプルなモバイルワーク 実現に向けた3つの手順とは

別車健一郎

スマートデバイスの活用に、セキュリティ対策は欠かせない。企業のモバイルワークの課題となるシャドーITや情報漏えいに対しては、どのような対策が有効なのだろうか。ソリトンシステムズの別車氏は、モバイル対応のメリットを迅速に享受し、なおかつセキュアに実現するためのシンプルな方法について解説した。

株式会社ソリトンシステムズ IT Security事業本部
ソリューション推進 マネージャ
別車健一郎氏

Categoly:ワークスタイル変革

600社以上の企業が採用するモバイルコンテンツ管理システムがもたらした変革

松村宗和

スマートデバイスの導入により成果を上げる企業が相次ぐ中で、利用に際しての課題もいくつか明らかになりつつある。では、企業はそれらの課題にどう対応すべきなのか。松村氏は、タブレット利用の現状と課題克服に向けたアプローチについて、詳しい導入事例を用いて解説した。


インフォテリア株式会社 プロダクトマーケティング部
シニアプロダクトマネージャー
松村宗和氏

Categoly:インフラ環境構築

近日掲載予定

村田良成

'スマートデバイスがビジネスの競争力を強化させる!だけど、BYODは心配だ! スマホのセキュリティも考えなきゃ!PC以外にも管理するデバイスが増えたら運用負担が増えるじゃないか! これは本当に皆さんが望む「スマートデバイスの活用」でしょうか?本セッションでは、モバイルワークを実践する弊社の事例を通して、徹底的にポジティブな活用方法をご紹介します。

エス・アンド・アイ株式会社
執行役員 営業開発本部 本部長
村田良成氏

Categoly:セキュリティ

セキュアで使いやすい-スマートデバイスに求められる法人向けオンラインストレージ

佐々木賢一

クラウドやスマートデバイスの普及で一般的になってきたオンラインストレージ。 企業内の業務においても、社内外の情報共有を目的としてその利用が一般的になってきました。 本セッションでは、電子ファイルをインターネット上で共有/転送することのリスクや有効的な活用法など、2,000社にオンラインストレージを導入した経験から分かった実践的なノウハウをお伝えします。

トライポッドワークス株式会社
代表取締役社長
佐々木賢一氏

Categoly:ワークスタイル変革

“公私分計”とクラウド電話帳でBYODの悩みも解決

徳永克也

スマートフォンの急速な普及を背景にBYODが着実な広がりを見せている。ただし、BYODでは業務での通話料金も社員に請求がいくため、通話料金の社内精算処理が煩雑になりがちだ。この問題を解決し、さらにBYODの普及を加速させる最新サービスを、フュージョン・コミュニケーションズの執行役員 事業推進部長、徳永克也氏が解説。

フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
執行役員 事業推進部長
徳永克也氏

Categoly:インフラ環境構築

セキュアに! 多様なデバイスで! 社内PCにアクセスできる「GoToMyPC」

小山田守氏

スマートデバイスを活用するといっても、オフィスのPCで使っている既存アプリケーションを”そのまま”外出先で利用する方法は限られる。有力な方法として、自席のPCやサーバ上の仮想PCの画面を、外出先からリアルタイムにアクセスするリモートPCアクセス・サービスが挙げられる。



アセンテック株式会社
ソリューション本部営業開発部 部長
小山田守氏

特別・基調講演ダウンロード

元ソニーCEO 出井氏やAmazon、Googleが語る“スマホ時代”
当カンファレンスにて口火を切って講演を行ったのが元ソニーCEOで、現クオンタムリープ代表取締役の出井伸之氏だ。日本のベンチャー企業の育成に対する重要性や、「XYZ戦略」から「ABC戦略」へのビジネスモデル転換が今後の企業には必要と強く強調した。続いて、アマゾン安川氏、ラック西本氏、アイ・ティ・アール内山氏、最後にグーグル阿部氏が、企業の成長戦略について必要な術を説いた。
この機会にぜひダウンロードいただき、今後のビジネスに役立てていただきたい。

一括ダウンロードキャンペーンは6/30をもって終了いたしまいした。