昨今話題の標的型攻撃からもわかるとおり、企業を襲うIT脅威は進化するばかり。システム管理者の皆さんは、脅威の把握にも一苦労で、長期的に有効な対策をなかなか見いだせない状況にあるのではないでしょうか。

そこで、マイナビニュースでは、7月5日に『2012年度版 最新脅威対策講座』と題して、企業攻撃の"今"をまとめて解説するセミナーを開催しました。標的型攻撃をはじめとした旬の話題のみならず、今後大きな脅威となる可能性の高いセキュリティトピックスや、 ベンダー各社が提供する最新のソリューション、さらには、被害を最小限にとどめるための運用オペレーションなども解説し、参加者の皆様から高い評価をいただきました。

本企画では、当日ご参加いただけなかった皆さんのために、一部セッションの動画や講演資料、講演レポートなどをまとめて公開いたします。

講演1

  • 最新脅威傾向とセキュリティに関する国際標準化動向
    • 【講演者】
      KDDI 情報セキュリティフェロー
      独立法人情報通信研究機構(NICT)ネットワークセキュリティ研究所 主管研究員兼務
      中尾康二氏
  • 数々の国際会議で議長を務め、ITセキュリティの第一人者として活躍する中尾康二氏が、最新の脅威動向やセキュリティ分野の標準化の動きについて解説します。
    今話題の標的型攻撃における最新の攻撃手法はもちろん、先日NICT(情報通信研究機構)が発表したばかりのダークネットを活用した防御策についても紹介。さらには、今後の攻撃の可能性が懸念されるクラウド/IPv6といったテーマや、スマートフォンにおける情報取り扱いの標準化動向にまで言及します。
  • レポートページへ 講演資料へ

講演2

  • BYODから仮想まで、今求められるセキュリティ
    • 【講演者】
      ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン
      代表取締役社長
      本富顕弘氏
  • 標的型攻撃、BYODのモバイル端末のウイルス、SNSなどのWeb 2.0アプリケーションからの情報漏えいなど、ITネットワークの脅威が多様化する中、様々な環境でのセキュリティ強化が必須になっています。ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)ソリューションWatchGuard XTMは、中小企業からエンタープライズ、そしてバーチャル環境まで、幅広いレンジで最適なセキュリティを共通のプラットフォームで実現することが可能です。
    今回の講演では、世界的なネットワーク脅威の最新トレンドと、それらの脅威から具体的にどのように保護すべきかを、アプリケーションコントロール、レピュテーションによるセキュリティなどXTMの新たなセキュリティ機能と、日本市場で急速に普及しているフルマネージド・セキュリティ・サービスMSXのデモンストレーションを交え紹介致します。
  • レポートページへ 動画ページへ 講演資料へ

講演3

  • 標的型攻撃に直面する企業ネットワークへの
    入口/出口対策
    • 【講演者】
      ソリトンシステムズ
      プロダクトマーケティング部
      遠藤 健志氏
  • インターネット上の脅威は常に進化しており、高度な技術力で開発された巧妙なマルウェアが増加しています。ウイルス対策やURLフィルター等の既存対策に加え、さらなる対策の必要性が高くなってきました。企業ネットワークの大きな入口の一つであるWebサイトアクセス。ほとんどのマルウェアがWebサイト経由で侵入すると言われています。このWebサイトアクセスのさらなる強化の必要性の高まりに加え、企業内からインターネットへの怪しげなトラフィックを確実に阻止する必要性も高まっています。
    本セッションでは、世界最大規模のセキュリティ情報サービスを活用した、入口対策及び出口対策をご紹介します。
  • レポートページへ 動画ページへ 講演資料へ

講演4

  • 顕在化する「アノニマス(Anonymous)」による攻撃
    ――実態と対処法
    • 【講演者】
      Imperva Japan
      Japan Technical Director, Principal Security Architect
      桜井勇亮氏
  • WAFのリーディング・カンパニーとして知られる「Imperva社」は、昨年、多くの被害をもたらしたハクティビスト集団「Anonymous(アノニマス)」による攻撃を追跡、その全貌を紐解きました。昨今、国内でもハクティビスト集団に狙われ、情報漏えいやサービス不能攻撃の被害が報告されており、対岸の火事とは、決して言えない状況になっています。また、多くの情報漏えい事件の背景には、Webサイトを経由し、ソフトウェアの脆弱性を突かれるといった現状が存在します。
    本セッションでは彼らの攻撃手法を解説し、攻撃から機密情報をはじめとする企業の資産をどのように守るかをについてをご紹介します。
  • レポートページへ 動画ページへ 講演資料へ

講演5

  • 標的型攻撃とセキュリティオペレーション
    • 【講演者】
      日本セキュリティオペレーション事業者協議会
      標的型攻撃対策検討WG
      インターネットイニシアティブ
      加藤雅彦氏
  • 2011年7月に発足した「標的型攻撃対策検討WG(Working Group)」。同WGでは、セキュリティオペレーション事業者が協調し、標的型攻撃の実態調査やその防御策について検討、実証実験を行っています。
    本セッションでは、同WGでの議論の内容を基に標的型攻撃への対策について解説していきます。標的型攻撃を防ぐには何に網を張ればよいのか、また実際に攻撃を受けた際にどういったオペレーションをとるべきかを模索するうえで参考にしていただけるはずです。
  • レポートページへ

人気記事

一覧

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ

特別企画 [PR]

一覧