切れ者ビジネスマンが実践するスキルアップ・トレーニングのメソッド。キャリアアップに欠かせない「資格」という武器。それは日常のビジネススキルのトレーニングとしても有効活用できる。現代ビジネスマンに必要不可欠な3つのスキルを身につけたい。

高野秀敏 たかのひでとし

キャリアコンサルタント。株式会社キープレイヤーズ代表取締役。人材総合サービス・インテリジェンスを経て2005年に独立。これまで、6000人以上にキャリアカウンセリングを行う。主著に『セカンド就職のススメ』(講談社+α新書)

キャリアアップに使える資格はビジネススキルのトレーニングにも有効。

 下の問題は現代ビジネスパーソンの日常に不可欠な知識や問題にしたもの。そのテスト結果はイコール、現状のスキルレベルということだ。実はこの問題、資格取得のためのトレーニングのためのテキストなどから抜粋したもの。つまりはそれぞれ専門職でなくてもビジネスマンであればどれも欠かせないスキルであることがわかる。
「資格取得までの課程で得られる理論は大切です。なぜなら、普段仕事で体験することを客観的に理解することで、より成果が出やすい形に応用できるからです。生産管理手法のPDCAサイクルで言えば、Do(実行)した後のCheck(評価)の精度が上がることで、より効果的なAct(改善)へつながるわけです」
 資格勉強の過程はビジネススキルのトレーニングにもなる。そう語るのは数々の転職希望者を成功に導いたキャリアコンサルタントの高野秀敏さん。
 また資格は自己を印象良くアピールできる手段だとも。
「事前に資格を取得しておけば、転機が訪れたときにチャンスを掴めます。たとえ経歴に不安があっても、習得した資格が自身のスキルの証になるんです。キャリアアップには経歴が非常に重要です。資格をただ持っているだけではダメですが、能力を客観的に証明してくれるので、仕事とリンクさせてアピールすることが大切です」
 資格は自分を知るツールでもあり、人生を切り開く新たな武器なのだ。

1

財務諸表の読み方。

表の拡大はこちら

Q1 企業の本業での収益力を表す利益は? a.営業利益 b.経常利益 c.当期純利益

Q2 企業活動全体の収益性を表す指標はどれか? a.自己資本利益率(ROE)=当期純利益/自己資本 b.総資本利益率(ROA)=当期純利益〔経常利益〕/総資本 c投下資本利益率(ROIC)=
営業利益×(1-税率)/(株主資本[純資産]+有利子負債)

数字思考

2

マーケティングの基本知識。

マーケティングの基本知識について記した次の内容について、その正誤を判断しなさい。 a.小売業のマーケティング・ミックスにおける4Pとは、Place(プレイス)、Product (プロダクト)、Process(プロセス)、Promotion(プロモーション)である。 b.メーカーのマイクロ・マーケティングに対し、小売業のマーケティングは、マクロ・マーケティングである。 c.小売業のマーケティングのねらいの1つに、来店率と購買率の増加による顧客シェアの拡大がある。 d.戦略商圏とは、小売店が対象とする顧客や競争店の動向を把握したうえで、政策的に定めた営業範囲のことである。 e.一般的にプライベートブランド(PB)商品は、メーカーが保有・管理するブランドである。

マーケティングスキル

3

ビジネス英語の基本。

Q1 このレターの内容はなにか、下記から1つ選びなさい。 a.会議への招待 b.会議の日程 c.会議開催の依頼 d.会議での講演依頼

Q2 同封されているものは何か、下記から1つ選びなさい。 a.日程表 b.返信用封筒 c.会社概要 d.地図

Q3 使用する場合、前もって知らせる必要がある備品は何か? a.マイク b.ホワイトボード c.プロジェクター d.プリンター

グローバルコミュニケーション力

Information

簿記
1級〜4級:第131回(6月10日)、第132回(11月18日)、2級〜4級:第133回(2013年2月24日)
受験料(税込):1級7,500円 2級4,500円 3級2,500円 4級1600円

販売士
1級:第40回(2013年2月20日) 2級:第40回(10月3日) 3級:第70回(7月14日)
受験料(税込):1級7,500円 2級5,500円 3級4,000円

日商ビジネス英語
1級:10月6日、7日 2級、3級:随時施行。施行日などはweb(http://www.kentei.ne.jp/)にて。
受験料(税込):1級7,000円 2級5,000円 3級4,000円

全問題の解答

1. Q1=a Q2=b

2. a:誤「Process」(プロセス)ではなく、「Price」(プライス) b:誤 メーカーはマクロ・マーケティングを行い、小売業はマイクロ・マーケティングを行う c:正 d:正 e:誤 プライベートブランド(PB)商品は、小売業が保有・管理するブランド

3. Q1=d Q2=a Q3=c

詳しい情報はこちら

鈴木順幸 = イラスト 辻本圭介 = 取材・文
illustration:YORIYUKI SUZUKI text:KEISUKE TSUJIMOTO